私が社長です。

08_01

アパホテル社長 元谷芙美子 花ごころのおもてなし BEST for the Guest ―

「お客様に最高のもてなしを」というテーマです。
あゆみいる人にやすらぎと、去りゆく人に幸せを願って、
客室の枕元にそっと置かれた手折りの折り鶴も、故郷の家に帰ったかのようなぬくもりを伝える「花ごころ」。
人を優しくいたわり、癒す、おもてなしの心なのです。
泊まって良かった、もう一度泊まりたいと素直に思ってもらえるような心配りこそが、ホテルの原点だと考えているのです。

  • 第1章 帽子の女社長いざ、見参!!
  • 学生だった息子の講義の中で、「これは、史上最悪の広告だ!」 と取り出されたのがこの広告でした。「日本一悪い広告か・・・うわあ!母さんじゃん!」
  • 第2章 オキテ破り!!の発想転換
  • 「社長、鶴を折っているのですか?」「そうや、これを一羽ずつベッドの上に置こうと思っとるんや」 しばらくたったある日のこと、この前の社員が鶴を折ってくれてるではありませんか!
  • 第3章 元谷芙美子の作り方
  • 「西川さんのところの“ちゃべちゃべなフミちゃん”」は、近所でも評判でした。 歌あり踊りありの大ワンマンショーをしたからです。
  • 第4章 どっちを選ぶ!? 人生の分かれ道
  • 「ええっ!?ニシカワフミコォ~!?あれはイカン!あれはじゃじゃ馬やぞ!やめとけ」 「そんなん、会うてから自分で決めるワイ。どこの支店や?」
  • 第5章 ウェルカム!!大冒険ワールド
  • 「そういえば、僕たち幼稚園のスモッグ、自分で洗ってたよなあ」 「えっ?そういうコト、覚えてるの?」「当たり前やないか。子供は覚えてるもんやで」
  • 第6章 ”錦の御旗”と心意気
  • 「ちょっと大きいけど、銀婚式の贈り物にと考えてるモンがあるのや」 「ゲンコツぐらいのダイヤモンドかエメラルド?」「東京にホテル建ててやる」
書籍・CDのご購入はこちらから