公益財団法人アパ日本再興財団主催
第十一回「真の近現代史観」懸賞論文受賞者発表
最優秀藤誠志賞を草間洋一氏が受賞!
並びに、第一回アパ日本再興大賞ノミネート作品発表

 公益財団法人アパ日本再興財団主催となる第一回アパ日本再興大賞候補作品並びに、第十一回「真の近現代史観」懸賞論文を、平成30年4月1日より募集し、外交評論家 加瀬英明氏を審査委員長として、東京大学名誉教授 政策研究大学院大学名誉教授 伊藤隆氏、東京大学名誉教授 小堀桂一郎氏、報知新聞社前会長 小松崎和夫氏、衆議院議員 原田義昭氏と共に、慎重に審査を進めた結果、この度、最優秀藤誠志賞を含む13人の受賞者並びに、アパ日本再興大賞ノミネート作品3作品が決定いたしました。

■■■「真の近現代史観」懸賞論文 受賞者■■■(敬称略) 

最優秀藤誠志賞 (懸賞金500万円及び全国ホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
草間 洋一 文明工学研究家
「近世日本のダイナミズム―日本文明を再考する―」

優秀賞(社会人部門)(懸賞金50万円及び全国ホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
高橋 史朗 麗澤大学大学院 特任教授
「WGIPの源流と後遺症」

優秀賞(学生部門)(懸賞金50万円及び全国ホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
沢田 輝 東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 博士課程3年
『「選択と集中」から「分散と底上げ」へ –富饒な大国日本を再興するために』

佳 作 (懸賞金20万円及びホテル全国共通無料宿泊券)※お名前50音順

青柳 武彦 学術博士(元)国際大学教授
石本 秀雄 日本の歴史文化研究会 会長
落合 道夫 東京近代史研究所 代表
武智 昭 電気管理技術者
中村 敏幸 近現代史研究家
西木戸未來
(本名:錦戸永宗)
フリーライター(近現代史研究)、元大学教員、理学博士
松木 國俊 朝鮮近現代史研究所 所長
松原 仁 衆議院議員
籔本 恭明 医師・弁護士・専門学校校長
山下 英次 大阪市立大学名誉教授・経済学博士

※日本全国の指定ホテルに各1泊ずつお泊りいただけます。

■■■アパ日本再興大賞ノミネート作品■■■ (敬称略 ※お名前50音順) 

・江崎道朗著(KKベストセラーズ)
「日本は誰と戦ったのか コミンテルンの秘密工作を追求するアメリカ」

・小川榮太郎著(産経新聞)
「天皇の平和 九条の平和 安倍時代の論点」

・高田純著(青林堂)
「誇りある日本文明」

 アパ日本再興大賞は、10月下旬に開催されます審査委員会において、ノミネート作品の中から受賞作品1作品が決定されます。 また、懸賞論文につきましては、今回の受賞作品をまとめた作品集を出版することも決定しており、最優秀藤誠志賞については英訳し、広く世界へ向けて発信していきます。 さらに、平成30年12月7日(金)に明治記念館において、14時30分より表彰式、15時20分より受賞記念講演会、17時より受賞記念パーティーを執り行います。お問い合わせは下記までメールにてお問い合わせください。