アパグループ
バンクーバーにてCOAST coal harbour hotel by APAを
グランドオープン!

 総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、100%出資の子会社であるAPA Hotel International Inc.(以下「AHI」という)をカナダ・バンクーバーに設立し、本年9月6日にCoast Hotelsを取得した。直営ホテルのうち、COAST coal harbour hotelについて改装を進め、アパホテルズ&リゾーツのサブブランドと位置づけたCoast Hotelsに日本発のアパホテル新都市型ホテルコンセプトを融合させた新ブランド「COAST hotels by APA」を立ち上げ、その第一弾としてCOAST coal harbour hotel by APAをグランドオープンさせ、現地時間11月15日(火)午前10時(日本時間11月16日午前3時)に記者会見を行った。

 当日は太平洋外務、貿易及びカナダ開発参事官のクリスチャン・ハンセン様、ブリティッシュコロンビア州協議会CEOのグレッグ・ダビニョン様、日本総領事の岡井朝子様を始め、300名近い方が開業式典に参加され、記者会見で代表は「今後もまずは直営ホテルから『COAST hotels by APA』へ順次転換していき、またFCやMCホテルについても、オーナーが『新都市型ホテル』に関心を持っていただければ、『COAST hotels by APA』へブランドの転換を促していきたい。」と語った。
 今回グランドオープンした COAST coal harbour hotel by APA は、バンクーバー国際空港から車で約30分、最寄りのSky Train Barrard 駅からホテルまでは徒歩約6分と交通至便な場所に位置する。全220室の客室のほか、宴会場や会議室、レストラン、プール、フィットネスルームを備えるフルサービスホテルである。グランドオープンにあたり、TOTO製ウォシュレットや55インチ大型液晶テレビを全客室に導入するほか、日本のおもてなしの心を象徴する折り鶴や、日本で既に採用しているハイグレード・アメニティの一部を全客室に設置する。また、日本語チャンネルの設置やアパポイントの付与、アパホテルズ&リゾートツとの共通予約ページの導入等も順次行っていく。

 アパグループは本年を世界戦略元年と位置付け、フランチャイズ方式を基本に、良い機会があればM&Aや不動産の取得等も行いながら、海外でのホテルの展開を本格化していく。Coast Hotelsを中心に、北米エリアでの事業基盤を固めた上で、次はアジアでの展開を目指していく。

【施設概要】

施設名 COAST coal harbour hotel by APA
(コーストコールハーバーホテル バイ アパ)
所在地 1180 West Hastings Street Vancouver BC, V6E 4R5
部屋数 220室
アクセス バンクーバー国際空港から車で約30分、Sky Train Barrard 駅から徒歩約6分
施設 会議室、宴会場、レストラン、プール、フィットネス、ネット接続無料、全室TOTO製ウォッシュレット、全室55型大型液晶テレビ、日本語チャンネル、駐車場
改装 看板、エントランス、ロビー

 Coast Hotels Ltd.はカナダ国ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市に本社を置き、COAST coal harbour hotel by APAをはじめ、カナダ国内に直営6ホテル1,188室(うち不動産の所有が5ホテル919室)、マネジメント契約5ホテル464室、フランチャイズ契約16ホテル1,867室、予約代行1ホテル44室、アメリカ合衆国内にフランチャイズ契約10ホテル1,222室で総計37ホテル4,742室を有する、ミッドスケール・フルサービスのホテルチェーンである。

 【アパグループの概要】
 アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで60棟・14,616室(建築・設計中を含む)を達成した。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、海外では6月20日にニューヨーク近郊で海外第一号ホテルとなるAPA HOTEL WOODBRIDGEがグランドオープンした。今後は、世界展開を本格化すべく、高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」のコンセプトに更なる磨きをかけ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室展開を目指す。