アパ日本再興財団主催 第九回「真の近現代史観」懸賞論文
最優秀藤誠志賞を西鋭夫氏が受賞!

 公益財団法人アパ日本再興財団主催となる第九回「真の近現代史観」懸賞論文は、平成28年5月10日より募集を開始し、上智大学名誉教授 渡部昇一氏を審査委員長に、東京大学名誉教授 小堀桂一郎氏、報知新聞社前会長 小松崎和夫氏、衆議院議員 予算委員会常任理事 原田義昭氏、大月短期大学名誉教授 小山常実氏と共に、慎重に審査を進めた結果、この度、最優秀藤誠志賞を含め13人の受賞者が決定いたしました。

■■■受賞者■■■(敬称略)

最優秀藤誠志賞 (懸賞金300万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
西 鋭夫(モラロジー研究所教授 スタンフォード大学フーヴァー研究所教授・Ogawa Fellow)
「美学の國を壊した明治維新」

優秀賞(社会人部門)(懸賞金30万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
騎士 崚史朗(本名:髙山 秀幸) (文化随筆家)
「“ 分断国家 あるいは戦後日本 ” ~ 三つの分断統治(ディバイド・アンド・ルール)政策の後遺症 ~」

優秀賞(学生部門)(懸賞金30万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
グレンコ・アンドリー (京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程1年生)
「―真の平和を築くために何が重要なのか―」

佳 作 (懸賞金10万円及びアパホテル全国共通無料宿泊券)※お名前50音順
エドワーズ 博美 メリーランド大学非常勤講師
鎌田 正誠 技術コンサルタント(工学博士)
酒生 文弥 在日本ルーマニア商工会議所会頭
清水 裕介 アパマンション株式会社 首都圏CM事業部 課長代理 一級建築士
杉田 水脈 前衆議院議員
杉原 誠四郎 教育研究者
東條 英利 一般社団法人国際教養振興協会 代表理事
中村 敏幸 近現代史研究家
針原 崇志 大東亜青年塾事務局長、著書『歴史教科書を斬る』
山下 英次 大阪市立大学名誉教授・経済学博士、拓殖大学日本文化研究所客員教授

※日本全国のアパホテルに各1泊ずつお泊りいただけます。

 今回の受賞作品をまとめた作品集を出版することも決定しており、最優秀藤誠志賞については英訳し、広く世界へ向けて発信していきます。懸賞論文制度をきっかけに誤った歴史認識を正し、「誇れる国、日本」が再興され、真の独立自衛の国家となっていくことを期待します。また、平成28年12月8日(木)明治記念館にて15時より表彰式・出版発表会並びに17時より受賞作品集出版記念パーティーを執り行います。表彰式、出版発表会、パーティーご出席など、お問い合わせは下記までメールにてお問い合わせください。