アパグループ プレミアシリーズ金沢市内第5弾 プレミア〈増泉〉レジデンス 起工式開催

03

 ホテルとマンションを全国展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3  代表:元谷外志雄)は、プレミアマンションシリーズとしては金沢市内で第5弾となる「プレミア〈増泉〉レジデンス」(全69邸)(石川県金沢市増泉4丁目150-1、150-2、141)の起工式を衆議院議員 佐々木紀氏、参議院議員 滝波宏文氏、金沢市議会議員 高岩勝人、北陸銀行 執行役員金沢支店長 滝野弘二氏を始め総勢110名を超えるご参列の下、執り行った。

 先に行われた記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄が「アパグループは北陸が発祥の地で金沢には本店があり、今後も地元を大事にしていく。金沢市内においてはホテル・マンションにおいてナンバー1の供給実績がある。プレミア〈増泉〉レジデンスは中心部香林坊・片町に近く、JR金沢駅・金沢西ICをつなぐ主要幹線道路が交差するアクセス至便な立地となっている。また来年3月に北陸新幹線の開業も迎え、東京でマンション価格が高騰しているなか、地方で住まいを求める人も多い。今後も住まう人の誇りと地域の活性化に繋がるマンション目指す。引き続き金沢においてマンション事業拡大を進めていく。」と述べた。

02

 ブランド名称「Premiere(プレミア)」は、英語で「(演劇等の)封切」を意味する。アパの「Premiere」マンションはまさに生活の舞台であり、ここに住むことは新たな人生・新たな生活の「封切」である。この舞台から、家族の様々な感動や歓びが生まれていくことを意味している。

 プレミア〈増泉〉レジデンス建設地は、北陸自動車道 金沢西ICへ車で5分の県道25号線(通称西インター大通り)増泉町交差点近くあり、金沢駅方面、野々市方面、また市内中心部も徒歩圏内のアクセスも軽やかな環境にあり、駐車場率も117%、車社会にも充分対応する。日々の生活をサポートする24時間営業のショッピング施設も隣接している。

 本プロジェクトは地上10階建、全邸南向き・南東向きの2LDK~4LDK、64.49㎡~108.66㎡で、玄関前に専用駐車場・専用庭付きのタイプなど13タイプ、全69邸の最新仕様マンション。下記5つのキーワードをテーマに商品企画した。

01

①アパホテルをマイホテルに:
最寄りのアパホテル〈金沢中央〉〈全513室〉・アパホテル〈金沢野町〉(全100室)をマンションオーナーは、遠方の家族や特別な友人のためのゲストルームとして特別価格(シングル3,000円、ツイン5,000円)で利用できる。全国でホテル展開を行うアパグループだからこそ提案できる「マイホテル」という発想である。

②APA Premium Keys(Premiereオーナー特典):
オーナーは下記特典を受けることができる。(※詳しくはホームページにてご確認ください。)
マイベストレート:全国のアパホテルをWeb割ベストレートより1,000円引きの料金でご優待。
マイスイート:アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のスイートルームを特別価格でご優待。
マイリゾート:アパホテル&リゾート〈上越妙高〉、アパホテル&リゾート〈札幌〉を1名様1,000円でご優待。
マイゴルフ:上越妙高の森ゴルフコース、アパリゾート栃木の森ゴルフコースを特別価格でご優待。
マイ割烹温泉旅館:アパホテル&リゾート加賀片山津温泉 佳水郷を特別価格でご優待。

③ハイセキュリティ:
エントランスのオートロックを始めとし、1階エレベーター扉にもロックをかけたトリプルセキュリティを採用する他、共用部には録画機能付き防犯カメラを多数設置する。

④エコ仕様:
当マンションはオール電化仕様で住戸内のダウンライトにLED照明、給湯はエコキュートとし、節水型トイレ等を採用。キッチンには環境にやさしいディスポーザーを全戸に設置。また、優良住宅取得支援制度「フラット35」Sの技術基準である住宅性能表示制度による「省エネルギー対策等級4」を満たしている。

⑤分譲ガレージ:
アパグループが提供する分譲マンションの特徴である電動リモコンシャッター付分譲ガレージを7区画配置し、ガレージ内には電動自動車充電対応コンセントを装備し、充実したカーライフを提案。

設計は株式会社日企設計、施工は熊谷組・鈴木建設共同企業体が担当し、竣工予定は平成27年8月末となる。

2010年4月に発表したアパグループ中期5ヵ年計画「SUMMIT5」に基づき、都心3区(千代田区・港区・中央区)を中心としたマンション年間供給棟数№1およびホテル棟数№1を目指し、アパグループ全体のブランドアップを図る。今後もファミリー向けマンションの開発を進めていくと共に、さらにはタワーマンションや総合都市開発事業へと展開を図っていく。