アパ 最上級マンションブランド 「THE CONOE(ザ・コノエ)」デビュー! 『THE CONOE〈代官山〉』 本日起工式開催

ホテルとマンションを全国展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、代官山周辺エリアでは初となる「THE CONOE〈代官山〉」(全120邸)(東京都渋谷区恵比寿西1丁目)の起工式を株式会社あおぞら銀行 常務執行役 事業法人営業本部長 細野克也氏、リベリア共和国大使館 参事官 ズコリー・ジィ・コンゴ氏、衆議院議員 鷲尾英一郎氏、渋谷区議会議員 松岡定俊氏を始め総勢100名を超えるご参列の下、執り行った。

 先に行われた記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄が「THE CONOE〈代官山〉は1DK、1LDK~3LDK の幅広い顧客層に対応し、東急東横線「代官山」駅より徒歩1分というここにしかない好立地である。『THE CONOE』ブランド第一弾として、建築家新居千秋氏に設計監修を依頼し、この地において、住まう人の誇りと地域の活性化につながるシンボルとなるマンションを目指す。2010年に始動したアパグループ中期5カ年計画・SUMMIT5において、ホテル50プロジェクト、マンション30プロジェクトを目指し、現在47プロジェクトの用地取得が済んでおり、本物件は37番目の起工式となる。現在、『THE CONOE』の第二弾、第三弾PJも進行中であり、今後は都心において、アパグループの強みであるホテルとマンションの一体開発となる総合都市開発事業にもトライしていく。」と述べた。

 ブランドネーム「CONOE(コノエ)」は、主に世襲の元首を警護する者「近衛(府)」の意。日本の中枢、日本の文化を護るように配される、マンションシリーズの志を集約したブランドネームである。同ブランドは東京都心において既に12棟展開しており、今回最上級ブランド「THE CONOE(ザ・コノエ)」を発表。「この地・この建物・この空間において『ここにしかないただひとつの』マンションとして、この地を愛し、住まう人が誇れる住まい」をコンセプトに、東京都心に展開する。

 第一弾となるTHE CONOE〈代官山〉は、東急東横線「代官山」駅より徒歩1分であり、代官山駅前の顔となる非常に希少性の高い好立地にある。渋谷、恵比寿、中目黒までが徒歩圏内で、通勤にもショッピングにも便利な街。都心部にありながら住環境に恵まれ、代官山住宅地のほか、ブティック、洋菓子店、レストラン、カフェなど、商業施設が建ち並び、瀟洒な雰囲気の街並みを満喫できる。

 本プロジェクトは建築家新居千秋氏を設計監修に迎え、外観・共用部・専有部いずれにおいても洗練されたデザインとなる。規模は、地上13階地下2階であり、単身・DINKSからファミリー層まで幅広くターゲットとし、1DK、1LDK~3LDKの多くのタイプを用意。
また、下記5つのキーワードをテーマに商品企画をした。

①アパホテルをマイホテルに:

最寄りのアパホテル〈渋谷道玄坂上〉(全173室)を、マンションオーナーは、遠方の両親や特別な友人のためのゲストルームとして特別価格で利用できる。全国208ホテルで好立地をネットワークするアパグループだからこそ提案できる「マイホテル」という発想である。

②APA Premium Keys(CONOEオーナー特典):

オーナーは下記特典を受けることができる。

マイスイート :アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のスイートルームを特別価格でご優待。

マイゴルフ :
アパホテル所有のゴルフコースを会員価格でご優待。

マイリゾート :アパリゾート〈妙高パインバレー〉・アパホテル&リゾート〈札幌〉を特別価格でご優待。

THE CONOEのキーを手にすることは、同時に、アパホテルズ&リゾーツのキーを手にすることでもある。(※特典内容については、変更となる場合があります。)

③ ハイセキュリティ:

4段階セキュリティを基本とし、各住戸内に防犯センサーを備えたセキュリティシステムを採用する他、一部住戸はスマートフォンや携帯等を利用し遠隔での玄関ドアの施錠状態の確認や施錠を可能とする。共用部には録画機能付き防犯カメラを多数設置する。

④ エコ仕様:

専有部の電力・ガス使用量の見える化を採用し、住戸内からだけでなく、スマートフォンや携帯等を利用し、確認が可能。また、Low-E複層ガラス、LED照明、超節水型トイレ、高効率ガス給湯器『エコジョーズ』を採用。

⑤防災設備:

トラッキング現象(コンセントとプラグの隙間に溜まったほこり等と湿気により発熱・発火を引き起こす現象)による火災を未然に防ぐ「トラッキング火災防止コンセント」の設置、災害時に備え簡易トイレ等を備蓄する防災倉庫を各階に設置。

 設計監修:株式会社新居千秋都市建築設計、実施設計・監理:株式会社IAO竹田設計、施工は日本国土開発株式会社が担当し、竣工予定は平成27年9月下旬を予定している。

 
2010年4月に発表したアパグループ中期5ヵ年計画「SUMMIT5」に基づき、都心3区(千代田区・港区・中央区)を中心としたマンション年間供給棟数№1およびホテル棟数№1を目指し、アパグループ全体のブランドアップを図る。今後もファミリー向けマンションの開発を進めていくと共に、さらにはタワーマンションや総合都市開発事業へと展開を図っていく。

THE CONOE〈代官山〉 【物件概要】

施設名 THE CONOE〈代官山〉
所在地 東京都渋谷区恵比寿西1丁目323-1、8、9
交通 東急東横線「代官山」駅 徒歩1分
工期 平成25年9月下旬~平成27年9月下旬
敷地面積 1,709.11㎡(517.00坪)
建築面積 1,068.18㎡(323.12坪)
建築延床面積 10,516.06㎡(3,181.10坪)
構造・規模 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造 地上13階地下2階
事業主 アパホーム株式会社
設計・監理 株式会社IAO竹田設計
設計・監修 株式会社新居千秋都市建築設計
施工者 日本国土開発株式会社

【施設概要】

住戸 全120戸
駐車場 全43区画
分譲駐車場:3区画
賃貸駐車場:機械式駐車場39台
来客駐車場:1台
マルチルーム
(分譲区画)
14区画(地下2階)
その他共用施設 管理員室:1区画
集会室:1区画

THE CONOE〈代官山〉 物件概要はこちら