群馬県前橋市にアパホテル誕生!! 「前橋サンホテル」がリブランドオープン! アパホテル〈前橋駅北〉として7月8日(火) 本日開業

01

 アパホテルズ&リゾーツを運営するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表取締役社長:元谷芙美子)はホテル事業において、群馬県前橋市でホテル運営を行う、ひと・コミュニケーションズ株式会社(本社:群馬県前橋市三河町1丁目1-1 代表取締役:小池進)とフランチャイズ契約を締結し、現在運営中の前橋サンホテルをアパホテル〈前橋駅北〉と改称し、本日7月8日(火)にリブランドオープンした。

 前橋サンホテルは、2011年12月よりアパ パートナーホテルズ※に加盟し、アパポイントの貯まるホテルとしてアパカード会員に広く認知されてきた。群馬県内ではアパホテル〈高崎駅前〉に次ぐ2号店となり、フランチャイズホテルとしては22号店、アパ パートナーホテルズから転換したフランチャイズホテルとしては11号店となる。

 同日開催の開業記念式典において、ひと・コミュニケーションズ株式会社の代表取締役 小池進は「アパホテルのブランド力、発展向上力、750万を超える会員の組織力を生かしリブランドを成功させ、メガフランチャイジーを目指す。」と述べた。同社が経営する「伊勢崎サンホテル」(群馬県伊勢崎市)は既にアパホテル株式会社とフランチャイズ契約を締結しており、今年の11月13日(木)にリブランドオープンが決定している。

 開業にあたり、全室に40型液晶テレビを導入し、有線LAN、Wi-Fiのインターネット環境を整備した。また、客室及び共用部の一部リニューアル工事を行い、特にリニューアル後の客室にはアパオリジナルベッド「Cloud Fit(クラウドフィット)」を導入し、高単価での販売を行う。

 アパホテルズ&リゾーツは今後も全国270ホテル、4万4千室を超えるホテル運営(建築・設計中ホテル、パートナーホテルを含む)により培ったノウハウと750万人を超えるアパカード会員を武器にフランチャイズ事業を展開していく。

■施設概要

【施設名】 アパホテル〈前橋駅北〉
【住所】 群馬県前橋市三河町1-8-3
【交通】 JR両毛線 前橋駅から徒歩8分
関越自動車道 前橋ICから車で9分
【竣工】 1994年4月
【敷地面積】 655.98㎡
【建物延床面積】 2,282.68㎡
【構造・規模】 鉄筋コンクリート鉄骨造・陸屋根7階建
【客室数・諸施設】 112室・1Fレストラン 旬菜六味の食卓「みもざ」

【アパグループ】

  北海道から沖縄まで展開するホテルは、全国270ホテル44,311室(建築・設計中ホテル、パートナーホテルを含む)に上り、年間宿泊者数は約770万名(2013年11月期末実績)に上る。アパカード(同社発行のポイントカード)会員は、7,504,200名に上る。(2014年7月6日現在)

  アパグループは、2010年4月1日より中期5ヵ年計画「SUMMIT 5」を始動。頂上戦略として日本の中心である皇居を取り巻く都心三区(千代田区、港区、中央区)を中心に、2015年3月末のSUMMIT 5終了時にむけて東京都心で新築ホテル客室10,000室の事業展開を目指していく。また2011年2月1日に発足したアパ パートナーホテルズ※やフランチャイズ展開も推進し、ネットワーク拡大によるアパカード会員の利便性と満足度向上を図る。

※アパ パートナーホテルズ…アパホテル公式サイトでの予約受付システム、アパカード会員に対して付与しているポイントプログラムを共有する、 アパホテル基準を満たした独立系ホテルの組織。申込み済の加盟ホテルは136ホテル14,018室に上る。(2014年7月8日現在)