アパホテル〈相模原 古淵駅前〉 本日開業

 アパホテルネットワークとして全国最大の438ホテル73,478室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3、代表取締役社長:元谷芙美子)はホテル事業において、水谷トラスト株式会社(本社:神奈川県相模原市中央区東淵野辺四丁目24番15号、代表取締役:水谷好男)とフランチャイズ契約を締結し、神奈川県相模原市の「相模原第一ホテルANNEX」をアパホテル〈相模原 古淵駅前〉と改称して本日開業、同日開業披露式典を執り行った。

 開業記者発表ではアパグループ社長 元谷一志は、「現在、全国においてホテル旅館含め150万室以上ある中、アパホテルは約4%強の客室数を占める。増加の一途を辿る訪日外国人を迎え入れていく状況に加え、2027年にはリニア新駅の開業も決定しており、相模原市の注目度は高い。開業を控えるアパホテル&リゾート横浜ベイタワーを核にし、FC店舗と共に売上で地域を活性化させていく。水谷トラストには売上、稼働率のみならずアパホテル〈相模原 古淵駅前〉をはじめ、複数店舗の展開に期待したい。」と述べた。

 アパホテル〈相模原 古淵駅前〉はJR横浜線「古淵」駅から徒歩2分にあり、町田や八王子、横浜へのアクセス至便で、東名高速道路「横浜町田IC」から20分と車移動も可能なビジネス、レジャーに適している立地が特徴。
2027年に開業を目指すリニア中央新幹線の相模原駅(仮称)に近く、今後大きな需要に期待出来る。

 ホテルはリニューアルを実施し、アパホテルが高品質・高機能・環境対応型を理念とする「新都市型ホテル」の標準仕様として、全客室に50型以上の大型液晶テレビや、快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」(シングル全室に幅1420mmワイドベッド導入)、客室の明るさにこだわり、シーリングライトを採用した。また一部の客室は、ベッドの枕元に携帯・スマホの充電に便利なコンセント、USBポートに加え、照明スイッチ類を集約し、機能性と快適さを追求した。

 今後、神奈川県内における開業予定として、本年3月にアパホテル〈小田急伊勢原駅前〉(伊勢原市・全102室)、6月にアパホテル〈TKP京急川崎駅前〉(川崎市・全143室)、日本最大級の客室数を誇るアパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉(横浜市・全2,311室)が来年秋の開業を予定しており、建築・設計中を含め同県内のアパホテルは7棟・3,361室(※1)となる。

 開業記念特別価格として、シングル1泊 客室通常料金12,000円(税サ込)~のところ4,900円(税サ込)~、ツイン1泊 客室通常料金18,000円(税サ込)~のところ7,800円(税サ込)~で宿泊できる。

【施設概要】

施設名 アパホテル〈相模原 古淵駅前〉
住所 神奈川県相模原市南区古淵3‐9‐8
交通 JR横浜線「古淵」駅から徒歩2分
東名高速道路「横浜町田IC」から車で20分
構造・規模 鉄筋コンクリート造陸屋根7階建
客室数 全124室
(シングル102室、ツイン17室、トリプル5室)
館内(外)施設 朝食会場(1F):朝食時間6:30~9:30、全60席、朝食料金900円
敷地内平面駐車場:全30台、駐車料金600円/泊

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の438ホテル73,478室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数1,437万名(平成29年11月期末実績)、アパカード(同社発行のポイントカード)会員の累積会員数は1,400万名を突破している。また、アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略を展開、東京23区内の直営ホテル数のみで67棟・17,033室(建築・設計中を含む)を達成し、首都圏を中心に全国でタワーホテル6棟・6,227室を含む、43棟・15,012室を現在、建築・設計中である。
 今後もアパグループはさらなるブランドアップを図りながら、マンションや総合都市開発事業を展開し、2015年4月からスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(頂上戦略)」では、東京都心から地方中核都市へと拡大し、高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」のコンセプトに磨きをかけ、2020年3月までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室も目指す。

(※1)神奈川県内のアパホテル
■ アパホテル〈横浜関内〉(全451室)
■ アパホテル〈横浜鶴見〉(全131室)
■ アパホテル〈相模原 橋本駅前〉(全99室)
■ アパホテル〈相模原 古淵駅前〉(全124室)
■ アパホテル〈小田急伊勢原駅前〉(全102室・平成30年3月6日開業予定)
■ アパホテル〈TKP京急川崎駅前〉(全143室・平成30年6月開業予定)
■ アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉(全2,311室・平成31年秋開業予定)