アパリゾート上越妙高イルミネーションの光の地上絵が、 「LEDライトで作った最大のイメージ」として ギネス世界記録®に認定!

01

 

 アパホテルズ&リゾーツを運営するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表取締役社長:元谷芙美子)が展開する、(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー(代表理事・丸々もとお)プロデュースによる「アパリゾート上越妙高イルミネーション2015 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」(新潟県妙高市)が、世界最大の光の地上絵「LEDライトで作った最大のイメージ(Largest image made of LED lights)」ギネス世界記録に挑戦。2015年6月29日(月)公式認定員による審査の結果、ギネス世界記録を見事達成。公式認定証が授与された。
 前ギネス世界記録は、2014年11月27日にオーストラリアのキャンベラで達成された1,194,380球。昨シーズンより展開している双方向グラウンドイルミネーション「光の双龍」を含む光の地上絵は、LED使用数が記録を上回る見込みであった。公式認定員の立ち会いによる計測の結果、敷地面積27,133.976㎡において1,529,103球が設置されていることが証明され、名実共に「LEDライトで作った最大のイメージ(Largest image made of LED lights)」として世界一の称号を取得した。今後は、国内イルミネーション業界における演出技術の向上と業界全体のさらなる隆盛を目指す。
 ギネス世界記録に認定されたイルミネーションは2015年7月1日(水)よりグランドオープン。11月15日(日)までの期間中、毎日楽しむことができる。

■『ギネス世界記録』達成概要

(1)記録タイトル

LEDライトで作った最大のイメージ(Largest image made of LED lights)
※ギネス世界記録®はギネスワールドレコーズリミテッドの登録商標です

(2)挑戦者 (一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事・丸々もとお
(3)認定日 2015年6月29日(月)
(4)認定数

1,529,103球(敷地面積27,133.976㎡において)

(5)会場

アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市桶海1090)

■イルミネーション開催概要

(1)実施期間 2015.7/1(水)グランドオープン~11/15(日)まで毎日開催 ※荒天時は営業休止または内容の変更有り
・サマーイルミネーション  7/1(水)~ 8/31(月)17:30~22:30(最終入場22:00)
・オータムイルミネーション 9/1(火)~11/15(日)17:00~22:00(最終入場21:30)
(2)名称 アパリゾート上越妙高イルミネーション2015 Myoko Happiness Illumination ~幸福を呼ぶ光の双龍~
(3)後援 妙高市、妙高市観光協会
(4)入場料金

当日券 大人1,200円、小学生1,000円
前売券 大人1,100円、小学生900円 ※車椅子ご利用者は小学生と同料金 ※未就学幼児無料

(5)会場

新潟県妙高市桶海1090「アパリゾート上越妙高」内 ※駐車場1,200台無料

(6)概要

LED電球使用数/約150万球 エリア面積/約3万㎡ 徒歩所要時間/約90分~(1周約1.5㎞)
今シーズンより新エリアが登場。昨シーズンよりLED電球使用数を約30万球増設した約150万球で展開し、「ウォータープロジェクションマッピング」、「有機EL龍」、「天空の売店」等が、新コンテンツとして加わる。

(7)公式HP

http://www.apahotel.com/illumination/

■アパリゾート上越妙高施設概要

施設概要 ホテル(本館139室、アネックス87室)、ゴルフ場(18H/4人乗り電磁誘導カート採用)、イルミネーション、マンション、天然温泉(本館内/単純硫黄冷鉱泉)、妙高アパミュージアム、テニスコート(ハード15面)、インドア施設(テニス2面、フットサル2面)、多目的グラウンド(2面)、展望台/恋人の聖地サテライト、こどもタイヤ広場(日本海側最大)、パターゴルフ場、釣り堀、チャペルなど完備
開業日 2005年7月20日 ※2014年4月 アパリゾート妙高パインバレーよりアパリゾート上越妙高へ施設名称を変更
所在地 〒949-2224 新潟県妙高市桶海1090 
TEL.(0255)82-4111 FAX.(0255)82-4011
開発面積 約500万㎡(東京ドーム約120個分)
営業期間 4月16日~11月15日 ※冬期休館 ※施設により営業期間が異なる。
アクセス

<長野方面より>上信越道自動車「妙高高原I.C」から国道18号線で18km 約25分

<新潟・北陸方面より>上信越自動車道「中郷I.C」から国道18号線で14km 約20分

電車 「上越妙高駅」より車40分、「関山駅」より車15分
 [宿泊者] 2駅より宿泊者専用無料送迎バスあり(定時運行・1日前予約制)
 [日帰り] 2駅より有料シャトルバス「イルミドラゴンライナー」運行(7/1~11/15の土日祝と8/10~14)

02

【アパグループ】
  2015年4月1日より、「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」を発表した。2010年4月よりスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では、東京都心でトップを取る戦略をとり、東京都心の直営ホテル数のみで43棟・10,290室(設計・計画中含む)を達成した。今後は、日本で断トツNo.1のホテルチェーンを目指すべく、高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」のコンセプトに更に磨きをかけ、ホテル客室数100,000室(提携ホテル含む) を目指し、東京都心のみならず、地方中核都市にも広げてホテル開発を積極的に展開していく。

【丸々もとお(MOTOO MARUMARU)】
 夜景評論家/夜景プロデューサー/イルミネーションプロデューサー/(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事
  1965年生まれ。立教大学社会学部観光学科卒。1992年『東京夜景』上梓。日本でも唯一無比の夜景評論家として本格的活動を始める。執筆活動のほか、ホテルプラン、店舗プロデュース、不動産コンサルティング、雑誌、TV、ラジオ、講演、インターネット等で活躍中。夜景に関する著書は40冊以上。神戸市、横浜市、長崎市、川崎市、周南市、足利市、広島県等で夜景観光アドバイザーを歴任。夜景検定(夜景鑑賞士検定)、イルミネーション検定総監修。テレビ東京系「ソロモン流」では夜景の賢人として紹介。日本初の工場夜景クルーズを手がけ「かながわ観光大賞」を受賞。イルミネーションプロデュースに「アパリゾート上越妙高イルミネーション」「門司港レトロ」「小倉イルミネーション」「スペースワールド」「ハウステンボス」「東京ドイツ村」「長崎グラバー園」等。ライトアップに「出島」「大浦天主堂」(国宝)、中町教会、北九州アイアンツリー等多数。
※商標登録『夜景評論家』第4408194号
※照明コンサルタント(一般社団法人照明学会認定)
※ボーイスカウト埼玉県連盟広報大使
丸々もとお公式サイト:http://www.superyakei.com/