アパ日本再興財団主催 第十回「真の近現代史観」懸賞論文
最優秀藤誠志賞を稻恭宏氏が受賞!

 公益財団法人アパ日本再興財団主催となる第十回「真の近現代史観」懸賞論文は、平成29年4月1日より募集を開始し、外交評論家 加瀬英明氏を審査委員長に、東京大学名誉教授 小堀桂一郎氏、報知新聞社前会長 小松崎和夫氏、衆議院議員 原田義昭氏、大月短期大学名誉教授 小山常実氏と共に、慎重に審査を進めた結果、この度、最優秀藤誠志賞を含め13人の受賞者が決定いたしました。

■■■受賞者■■■(敬称略)

最優秀藤誠志賞 (懸賞金500万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
稻 恭宏 東京大学 医学博士(病因・病理学/免疫学)
「日本は低線量率放射線医科学によって復活し人類と地球を救う」

優秀賞(社会人部門)(懸賞金50万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
水間 政憲 近現代史研究家・ジャーナリスト
『「1937南京」日米中歴史戦完結――「南京城内」の特定できる民間人死者数は「34人」だった』

優秀賞(学生部門)(懸賞金50万円及び全国アパホテル巡りご招待券)(1年間有効)※
黒岩 樹希也 高崎経済大学経済学部経営学科3年
「大東亜聖戦の真実と東京裁判の嘘
-日本が守ろうとしたものは何か、それは国民の命、そしてアジアの自由と独立だった-」

佳 作 (懸賞金20万円及びアパホテル全国共通無料宿泊券)※お名前50音順

石本 秀雄 日本の歴史文化研究会 会長
小川 揚司
(本名:小川洋司)
株式会社 防衛システム研究所 特別研究員
新しい歴史教科書をつくる会 東京支部顧問(前支部長)
騎士 崚史朗
(本名:髙山秀幸)
文化随筆家
草間 洋一 文明工学研究家
清水 浩 慶應義塾大学 名誉教授
清水 裕介 アパグループ 首都圏CM事業部
知念 章 護佐丸リラーニングサポート代表理事、著述家
松木 國俊 朝鮮近現代史研究所 所長
村島 定行 鹿児島大学名誉教授、日本会議鹿児島理事長
山本 妙子 アパグループ 法務室長

※日本全国のアパホテルに各1泊ずつお泊りいただけます。

 今回の受賞作品をまとめた作品集を出版することも決定しており、最優秀藤誠志賞については英訳し、広く世界へ向けて発信していきます。懸賞論文制度をきっかけに誤った歴史認識を正し、「誇れる国、日本」が再興され、真の独立自衛の国家となっていくことを期待します。また、平成29年12月8日(金)明治記念館にて15時より表彰式・出版発表会並びに17時より受賞作品集出版記念パーティーを執り行います。表彰式、出版発表会、パーティーご出席など、お問い合わせは下記までメールにてお問い合わせください。