アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉本日開業

アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉開業

 アパホテルネットワークとして全国最大の431ホテル71,453室(建設・計画中ホテル、FC、MC、提携を含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表取締役社長:元谷芙美子)は、ホテル事業において、株式会社aprecio(本社:東京都中央区日本橋2‐7‐1 東京日本橋タワー26F 代表取締役社長:石田 博己)とフランチャイズ契約を締結し、東京都千代田区にアパホテル〈秋葉原駅電気街口〉(全117室)を本日開業した。
 開業に先駆け、8月22日(火)に「無料体験宿泊会」(抽選で最大30名様を招待)が行われ、抽選倍率115倍、2,300件を超える多数の応募をいただいた。

アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉開業

 ホテル運営を行う株式会社aprecioは、全国各地で総合エンターテイメントカフェを展開しており、ホテル事業の参入は今回が初となる。
 ホテルはJR線「秋葉原駅」電気街口から徒歩3分、東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」2番出口から徒歩5分、銀座線「末広町駅」1番・3番出口から徒歩2分の立地で、東京、上野、新宿、銀座へ乗り換えなしでアクセスが可能。

 ホテル全客室に、高品質・高機能・環境対応型を理念とする「新都市型ホテル」の客室仕様として、50型以上の大型液晶テレビや快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、通常の浴槽より20%節水可能かつ、ゆったり入浴できるオリジナルユニットバス(定量止水栓、節水シャワー)、BBCワールドニュース無料放映、Wi-Fi無料接続(全客室およびロビー)を導入したほか、照明スイッチ類、空調リモコンを集約し、携帯・スマホの充電に便利なコンセント・USBポートを設置し、機能性・利便性を追求した最新の仕様となっている。

■ホテル概要

施設名 アパホテル〈秋葉原駅電気街口〉
住所 東京都千代田区外神田3丁目11-4
交通 JR各線「秋葉原駅」電気街口から徒歩3分
東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」2番出口から徒歩5分
銀座線「末広町駅」1番・3番出口から徒歩2分
構造・規模 鉄骨造 地上11階建
客室数 全117室
館内施設 【レストラン】 STEAK HOUSE CANYON CITY (ステーキハウスキャニオンシティ)
【内容】和食または洋食のセットメニュー
【朝食】7:00~10:00 (最終入店 9:30)
【席数】22席

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の 431 ホテル 71,453 室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約1,252万名(平成28年11月期末実績)に上る。アパカード(同社発行のポイントカード)会員は、1,300万名を突破している。
 アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで65棟・15,466室(建築・設計中を含む)を達成した。2015年4月にスタートした「SUMMIT5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を拡大し、今後も、高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」のコンセプトに更なる磨きをかけ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室を目指す。