大分県に初のアパホテル誕生!
アパホテル〈別府駅前〉(仮称)2022年春 開業(予定)!!

2021.3.12

 アパホテルネットワークとして全国最大の662ホテル102,393室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2‐3 社長 元谷 芙美子)は、株式会社竹下コーポレーション(本社:佐賀県佐賀市駅前中央1丁目164番地 代表取締役:竹下 真由)とフランチャイズ契約を締結し、アパホテル〈別府駅前〉(仮称)(全177室)(住所:大分県別府市田の湯町1984番他)の計画地にて、本日起工式を執り行った。
 神事後の挨拶にて、アパマンション株式会社 代表取締役 元谷 拓は、「アパグループは今年で創業50周年を迎え、更なる事業の拡大を図り、コロナ禍において世間に明るいニュースを届けられている。厳しい時期だからこそ前向きに取り組み、大分県初のアパホテルとして、本日ご列席の皆様と共に別府駅前に素晴らしいホテルをつくっていきたい。」と述べた。

 アパホテル〈別府駅前〉(仮称)は、JR「別府」駅西口から徒歩1分に位置し、東九州自動車道「別府」I.Cから車で15分の立地。別府市は毎年800万人の観光客が訪れる日本有数の温泉地として知られ、国際観光温泉文化都市等に指定されている。ビジネス、観光問わず行動拠点としての宿泊需要の獲得を狙う。開業は2022年春を予定している 。

 株式会社竹下コーポレーションは、2018年7月にアパホテルズ&リゾーツフランチャイズに加盟し、アパホテル〈佐賀駅南口〉(佐賀県佐賀市・230室)をオープン。2020年4月には全客室のリニューアルを施し最新仕様のアパホテルに進化しコロナ禍でも好調を維持、今般2棟目のフランチャイズ契約締結となった。

 大分県初進出となるアパホテル〈別府駅前〉(仮称)は、高品質・高機能・環境対応型を理念とする、アパホテルの「新都市型ホテル」標準仕様として、全客室にアパホテルオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、エコと快適性を兼ね備えた「アパホテルオリジナルユニットバス」、50型以上の大型テレビ、明るさにこだわったシーリングライトを導入する。
 フロントは最先端のIT開発として全予約経路対応、8種類のスマホ決済にも対応するチェックイン機や「待たず」「並ばず」にチェックインを完了できる非接触アプリチェックイン専用機(アパ直アプリ予約限定・オンライン決済済)を採用し、ルームカードキーを投函するとリアルタイムで自動的にチェックアウト処理が行われるエクスプレスチェックアウトポストを設置する。

 大分県は九州における福岡県に次ぐ訪日外国人観光客数を誇り、別府市は昨今、ホテルチェーンの参入が目立つエリアとして注目されている。別府市内は225の宿泊施設(ホテル、旅館含)が営業中で、部屋数にして6,686室となっている。
(※メトロエンジンリサーチ調査)

アパホテル〈別府駅前〉(仮称)完成予想外観パース(パースはイメージであり、外観・色彩・植栽等は実際とは異なります。)アパホテル〈別府駅前〉(仮称)完成予想外観パース
(パースはイメージであり、外観・色彩・植栽等は実際とは異なります。)

【物件概要】

物件名 アパホテル〈別府駅前〉(仮称)
所在地 大分県別府市田の湯町1984 番2、3(地名地番)
建築用途 ホテル(177 室)
用途地域 商業地域
敷地面積 756.81 ㎡(228.93 坪)
建築面積 289.41 ㎡(87.54 坪)
延床面積 2,999.50 ㎡(907.34 坪)
開業予定 2022年4月
構造・規模 鉄骨造・地上11 階
建物高さ 【軒高】33.555m 【最高高さ】37.530m
建築主 株式会社竹下コーポレーション
設計 アパマンション株式会社アパグループ一級建築士事務所
施工 アパマンション株式会社

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の662ホテル102,393室※(海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約2,613万名(2019年11月期末実績)に上る。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では、東京都心でトップを取る戦略を開始。現在、東京23区内で直営ホテル78ホテル・19,000室※を展開している。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、東京都心から地方中核都市へとエリアを広げ、大型タワーホテルの出店も積極的に進めていき、アパホテルネットワークとして10万室展開を達成。現在、首都圏・関西を中心にタワーホテル2棟・3,764室を含む28棟・10,684室を建築・設計中である。2020年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅲ(第三次頂上戦略)」では、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2025年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。   ※建築・設計中含む

【株式会社竹下コーポレーション】
 創業120年を超える老舗菓子メーカー、竹下製菓株式会社の関連会社。竹下製菓株式会社は代表作であるチョコクランチアイス「ブラックモンブラン」が誕生から50年、超ロングセラー商品として愛されている。その歴史は、羊羹やまんじゅうなど和菓子から始まり、現在は約25種類の冷菓、約10種類の菓子を製造・販売している。