700万食達成!大人気カレーに隠された「仕掛け」と「想い」 初公開 『アパ社長カレーの野望』12月12日発売 青春出版社

2020.11.18

“業務用”として開発されたカレーが
なぜ大ヒット食品に進化したのか

発売以降、数々の賞を受賞して話題となり、現在700万食を達成するほど大人気商品となった「アパ社長カレー」。当初は、アパホテル直営レストランの“業務用”カレーとして開発され、後にお客様向けに発売されたレトルトカレーです。
企画段階では、1万食販売が目標だったホテルカレーが、なぜここまで大ヒット商品に進化したのか―。
 本書は、アパホテル代表取締役専務で、アパ社長カレーの企画・プロデュースを担当した元谷拓氏が、そんなアパ社長カレー大躍進の秘密を初公開した一冊。味へのこだわりはもちろん、カレーきっかけに広がったビジネスや人気キャラとのコラボなど、実際に行われた「仕掛け」を具体的に紹介します。カレーの成長を通して見えてくる“逆境を楽しむ”アパホテルの独創的経営戦略は、コロナ禍の不況を明るく照らすヒントになるはずです。

【書籍情報】
定価:1,650円(税込) 発売日:12月12日  
仕様:四六判/160ページ ISBN: 978-4-413-23186-2
著者プロフィール
元谷 拓(もとや・たく)
アパホテル株式会社代表取締役専務。アパ社長カレープロデューサー。

1975年石川県小松市生まれ。金沢二水高校、中央大学経済学部卒。大学1年時に、当時最年少で宅地建物取引士に合格。北陸銀行を経て、アパグループ入社。アパ社長カレーは累計700万食を達成。ほかに、ポカリスエットプール(東京ベイ幕張)、キリンレモンプール(横浜ベイタワー)などのネーミングライツに従事。
アパホテルの新たな可能性を引き出している。

URL:https://peraichi.com/landing_pages/view/apacurry