東京都内最大のアパホテル
アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉 本日開業

2020.08.07

 アパホテルネットワークとして全国最大の659ホテル101,595室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2‐3 社長 元谷 芙美子)は、本日、アパホテルとして都内最大となるアパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉を開業し、開業披露式典を執り行った。また、近隣住民などを対象とした内覧会など各種イベントを盛り込んだ開業フェスティバルを同日実施した。開業披露式典に先立ち、8月4日(火)には、抽選で500室(最大1,000名様)を無料招待し、試泊会を実施した。実施にあたり9,700件を超えるご応募をいただき、約19倍の高倍率となった。

 開業記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄が、「当ホテルは、両国駅徒歩3分、両国国技館の真横に位置しており、日本の伝統文化溢れるエリアに都内最大のアパホテルとして開業する。前年は18ホテル6,574室、本年は当ホテルを含め22ホテル5,728室が開業を迎えた。東京五輪は延期となったが、ホテルは一時的なイベント需要に合わせてではなく、20年、30年という長期的なスパンで考え建築している。コロナ禍により観光産業は厳しい状況が続いているが、宿泊業は観光産業の中核を担っており、長期的にみればまだまだ成長の余地がある。今後も東京、大阪、名古屋、福岡など国内の需要の旺盛なエリアを中心に拡大を続けていく。」と述べた。

 当ホテルは、地上31階建、全1,111室の超高層タワー型ホテルであり、東京都内のアパホテルとして最大客室数となる。滞在そのものを楽しむことができる「アーバンリゾート」として、ホテル館内には、大浴殿・露天風呂、最上階展望プール(ネスカフェプール)、フィットネス、カフェ、コンビニ、2つの直営レストランを有しており、4階のレストラン「ラ・ベランダ」ではリゾート色あふれる60種類以上の充実した朝食ビュッフェを提供する。最上階の鉄板焼「THE 七海」では、隅田川をはじめ東京を望む景色とともに最上級の鉄板料理を楽しむことができる。また、両国ならではの非日常感の演出として、2階の共用ロビーには横綱の錦絵を配置し、墨田区観光インフォメーションコーナーを設けるなど地域に根ざしながら、両国エリアの新たなランドマークとなるホテルを目指す。

 JR総武線「両国駅」徒歩3分、都営大江戸線「両国駅」徒歩4分に位置し、ホテル周辺には「両国国技館」、「江戸東京博物館」、「旧安田庭園・刀剣博物館」、「すみだ北斎美術館」など江戸・東京を感じることができる観光名所が徒歩圏内に多数立地している。ビジネスはもとより、「東京駅」まで約10分、「新宿駅」まで20分圏内と都心からも程近いアーバンリゾートとして、国内レジャー、インバウンド(訪日外国人)など幅広い宿泊需要を取り込んでいく。

 客室は全室禁煙で、シングル、ダブル、ツインといった標準客室のほか、スイートルーム(コネクティング利用)、ラグジュアリーツイン、クイーンベッドルームなど全11種類の幅広い客室タイプを用意しており、高層階の客室からは東京の景観を一望できる。客室設備は、高品質・高機能・環境対応型を理念とする「新都市型ホテル」の最新仕様として、空気中の花粉やカビ菌、ウイルスなどを抑制する効果があり、脱臭効果のあるパナソニック「ナノイーX」を搭載し、従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンを導入し衛生対策を強化している。なお、パナソニック株式会社は、2020年7月31日に、「帯電微粒子水(ナノイー)」が新型コロナウイルスの抑制に効果があるとの実験結果を公表している。また、全室に設置している50型以上大型液晶テレビには、「アパデジタルインフォメーション」を導入し、館内案内をテレビ画面上に集約表示しているほか、自身のスマホからYouTubeでお好きな動画や写真などを映すことができる「ミラーリング機能」、テレビリモコンでチェックアウト時間の延長手続ができる「セルフ延長機能」などを搭載している。

 最先端のIT開発として、全予約経路対応、8種類のスマホ決済にも対応するチェックイン機※に加え、クレジット決済に特化した小型の卓上型チェックイン機を導入。アパ直(公式サイト、アパアプリ)にて事前にクレジットカード決済をするアプリチェックイン(自身のスマホから事前にチェックインを行うことができるサービス)を行うことで、当日のチェックイン手続きが大幅に簡素化される為、非接触型のチェックインとして好評を得ている。その他、ルームカードキーを投函するとリアルタイムでチェックアウト処理が行われるエクスプレスチェックアウトポスト※を設置し、チェックアウト処理の自動化も行っている。(特許出願中)

※業界初(自社調べ)

【ホテル概要】

ホテル名 アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉(ホテルNo.316)
所在地 〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目11-10
電話番号 0570-021-111(ナビダイヤル)
アクセス JR総武線「両国駅」(西口)徒歩3分
都営大江戸線「両国駅」(A3出口)徒歩4分
構造/規模 鉄骨造 / 地上31階・地下2階建
客室数 全1,111室 ※全室禁煙
シングル451室、ダブル340室、クイーンベッドルーム60室、カジュアルツイン178室、スタンダードツイン30室、コーナーツイン26室、トリプル18室、スーペリアツイン4室、デラックスツイン2室、ラグジュアリーツイン2室、
スイート2室コネクティング利用(デラックスツイン + ラグジュアリーツイン)
館内施設 大浴殿・露天風呂「玄要の湯」[準天然光明石温泉(人工温泉)](地下1階)
【営業時間】15:00 ~ 26:00、6:00 ~ 10:00 ※宿泊者専用無料
フィットネス(地下1階)
【営業時間】6:00 ~ 26:00 ※宿泊者専用無料
コンビニ「LAWSON(ローソン)」(2階)
【営業時間】24時間営業、外来利用可
防災倉庫(3階)
墨田区に無償貸与
屋外展望プール「ネスカフェプール」(最上階31階)
【利用期間】8/7~9/30(遊泳・有料) ※プールサイドは通年開放(無料)
レストラン
(1階)
【店 舗 名】直営レストラン「ラ・ベランダ」(4階)
【営業時間】朝食     6:30 ~ 9:45
      ランチ     11:30 ~ 14:30
      ディナー 17:30 ~ 21:30(最終入店 21:00)
【 座席数 】160席 ※全席禁煙
【朝食内容】60種類以上の和洋バイキング「THE BREAKFAST」
【朝食料金】前売大人2,000円(税込)/子ども1,200円(税込)
当日大人2,200円(税込)/子ども1,320円(税込)
      ※子ども(4歳~11歳)、4歳未満無料
【店 舗 名】鉄板焼「THE 七海」 (最上階31階)
【営業時間】ランチ     11:30 ~ 14:30
      ディナー 18:00 ~ 21:00
      バータイム  18:00 ~ 23:30
【 座席数 】40席(個室3室あり)※全席禁煙
【 内容 】最上階からの都心の景観と最上級の鉄板料理
【 料金 】ランチ4,240円(税サ込)~ 、ディナー9,320円(税サ込)~
店 舗 名】カフェ「MACHI cafe by LAWSON(墨田区観光インフォメーション)」(2階)
【営業時間】7:00~20:00
駐車場 【駐車台数】機械式駐車場33台(内車椅子利用者専用駐車場1台)
【利用料金】3,000円 / 1泊(15時~翌11時)
※先着順、夜間(23時~翌7時)出庫不可

【客室標準仕様】
①50型以上大型液晶テレビ
②アパデジタルインフォメーション
 ・ホテルの館内案内をテレビ画面集約表示(日本語・英語・繁体字・簡体字・韓国語に対応)
 ・ご自身のスマホからYouTubeでお好きな動画や写真などを大画面のテレビに映すことができるミラーリング機能
 ・精度の高い人流センサーを用いた大浴殿の混雑状況表示
 ・テレビリモコンでチェックアウト時間の延長手続ができるセルフ延長機能 等
③BBCワールドニュース、NHKワールドJAPAN無料放映
④空気中の花粉やカビ菌、ウイルスなどを抑制する効果があり、パナソニック「ナノイーX」(※)を搭載し、従来機より人にやさしい風の流れを追求した新型エアコンを設置
 ※ パナソニック株式会社は、2020年7月31日に、「帯電微粒子水(ナノイー)」が新型コロナウイルスの抑制に効果があるとの実験結果を公表している。
⑤通信速度とセキュリティの面で優れたWi-Fi無料接続(有線LANとの同時接続可能)
⑥快眠性を維持・向上しながらも、従来のオリジナルベッド「Cloud fit SP(クラウドフィット エスピー)」と比べ軽量化を図った「Cloud fit Grand(クラウドフィット グラン)」(ベッド下収納スペースによるベッドメイクのしやすさなど、多角的な機能面を向上)※1
⑦通常の浴槽より約20%節水可能かつ、ゆったり入浴できるオリジナルユニットバスを採用
 (自社開発した節水タイプの卵型浴槽、サーモスタット付定量止水栓、節水シャワー)※1
⑧照明スイッチ類、空調リモコンを枕元のヘッドボードに集約
⑨携帯、スマホの充電に便利なベッド枕元のコンセント、USBポート
⑩ほぼ全世界のプラグに対応するユニバーサルコンセント
⑪客室の明るさにこだわったLEDシーリングライト
⑫リュックサック等を掛けるフックを設けた多機能姿見を設置 ※1
※1 一部客室除く 

 開業記念特別価格として、2020年8月末まで、シングル通常料金18,000円(税サ込)~のところ、3,500円(税サ込)~、ダブル通常料金30,000円(税サ込)~のところ、4,500円(税サ込)~で宿泊できる。

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の659ホテル101,595室※(海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約2,613万名(2019年11月期末実績)に上る。2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では、東京都心でトップを取る戦略を開始。現在、東京23区内で直営ホテル77ホテル・18,853室※を展開している。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、東京都心から地方中核都市へとエリアを広げ、大型タワーホテルの出店も積極的に進めていき、アパホテルネットワークとして10万室展開を達成。現在、首都圏・関西を中心にタワーホテル3棟・4,294室を含む36棟・12,570室を建築・設計中である。2020年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅲ(第三次頂上戦略)」では、国内で圧倒的なNo.1ホテルチェーンとなるべく、2025年3月末までにアパホテルネットワークとして15万室展開を目指す。

※建築・設計中含む

【ホテル画像】

■外観
■ホテル最上階からの夜景
■1階 フロント
■1階 エントランスロビー
■地下1階 大浴殿「玄要の湯」
■31階 「ネスカフェプール」
■4階 レストラン「ラ・ベランダ」
■31階 鉄板焼「THE 七海」