三重県初のアパホテル誕生
アパホテル〈鈴鹿中央〉本日開業

 アパホテルネットワークとして全国最大の421ホテル69,538室(建設・設計中、海外、FC、パートナーホテル含む)を展開するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表取締役社長:元谷芙美子)はフランチャイズ事業において、三重県鈴鹿市でホテル運営を行う株式会社ストーリア(本社:三重県鈴鹿市算所1丁目1‐1 代表取締役:水谷 晃)とフランチャイズ契約を締結し、三重県鈴鹿市の鈴鹿セントラルホテルをアパホテル〈鈴鹿中央〉として本日リブランドオープンした。

 アパホテル三重県内初進出となる当案件は、国際レーシングコースを中心としたレジャー施設で、F1日本グランプリや8時間耐久ロードレースなどの開催で知られる鈴鹿サーキットまで車で5分、東名阪道鈴鹿ICより車で15分の好立地。

 開業にあたり、客室・ロビー・外壁の改装工事を実施。外観は落ち着いた黒やグレーの色を基調に、ロビーはアパホテルオリジナルシャンデリアを設置。客室は50型液晶テレビ、BBCワールドニュース無料放映、VOD(ビデオ・オン・デマンド)、Wi-Fi無料接続(全客室・ロビー)を全室導入。加えて一部の客室は、快眠を追及したオリジナルベッドクラウドフィットや枕元集中リモコンを設置し、アパホテル標準仕様のサービスを行う。
 ホテル1階の大浴場(男性専用)は引き続き利用可能で、お客様に寛ぎの空間としての場を提供する。

【施設概要】

施設名アパホテル〈鈴鹿中央〉
所在地三重県鈴鹿市大池3丁目11番地35号
アクセス近鉄鈴鹿線「平田町」駅から車で3分
東名阪道鈴鹿ICから車で15分
総客室数全106室
施設男性専用大浴場、レストラン(1階)
自動販売機コーナー(1階、3階)
平面駐車場(60台・無料)
アパホテル〈鈴鹿中央〉

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の421ホテル69,538室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約1,252万名(平成28年11月期末実績による)に上る。アパカード(同社発行のポイントカード)会員は、1,200万名を突破している。
 アパグループは東京23区内の直営ホテル数のみで65棟・16,427室(建築・設計中を含む)を達成し、首都圏を中心に全国でタワーホテル6棟・6,472室を含む、34棟・12,477室を現在、設計・建設中である。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室を目指す。