アパグループ 最上級マンションブランド 「THE CONOE(ザ・コノエ)」第二弾! 『THE CONOE〈一番町〉』 本日起工式開催

外観パース

外観パース

 ホテルとマンションを全国展開する総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3
代表:元谷外志雄)は、本日2月19日、千代田区番町エリアでは3棟目となる「THE CONOE〈一番町〉」(全32邸)(東京都千代田区一番町)の起工式を執り行った。
 先に行われた記者発表において、アパグループ代表 元谷外志雄は、「ホテル事業が好調で、2010年4月にアパグループ頂上戦略・SUMMIT5を始動して以降、完成したホテルはいずれも高稼働・高単価を記録している。マンション事業においても超高級マンション「THE CONOE」シリーズを開始したことで、ホテルとの一体経営による相乗効果を生んでいる。第一弾となる「THE CONOE〈代官山〉」は、全109邸に対して2,000件以上の反響を頂いており、よいスタートを切った。第二弾となる「THE CONOE〈一番町〉」も、「半蔵門」駅徒歩2分という交通アクセスの良さ、住まうことに誇りを持てる「一番町」という特別な立地から、成功を確信している。今後、「THE CONOE」シリーズは、三田綱町、西麻布でも予定している。先日、横浜馬車道において2,400室規模の超大型ホテル用地を取得した。今後はホテルとマンションの一体経営を活かし、大規模・タワー型マンション等の総合都市開発事業にも取り組んでいきたい。」と述べた。

THE CONOE〈一番町〉とは都心の住まいに、日本の真髄を。」をコンセプトに、日本のモノづくりの精神を体現する住まいとして2010年4月に始動した「CONOE(コノエ)」シリーズ。
CONOE」は、主に世襲の元首を警護する者「近衛(府)」の意。日本の中枢、日本の文化を護るように配される、マンションシリーズの志を集約したブランドネームである。
 東京都心において既に9棟展開している同ブランドは、その立地選定・クオリティ・コンセプトにおいてさらに磨きをかけ、集大成となる最上級ブランド「THE CONOE(ザ・コノエ)」へと進化し、第一弾として代官山駅徒歩1分という得難い立地で始動。「THE CONOE〈一番町〉」は、シリーズ第二弾として品位と歴史ある地「千代田区一番町」に誕生する。

外観パース
THE CONOE〈一番町〉

伝統と文化が融合する「千代田区一番町」という立地
THE CONOE〈一番町〉」は、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅徒歩2分、東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩6分、JR中央線・総武線、東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線「市ヶ谷」駅より徒歩9分と、3駅6路線が利用可能。「皇居」の西側に位置し、桜の名所として知られる千鳥ヶ淵公園も徒歩9分。江戸時代、将軍を警護する大番所があったことから、番町(一番町~六番町)と呼ばれ、特に江戸城に最も近い一番町は警護の要所で多くの武家屋敷が存在した。
 現在は各国の大使館が立ち並ぶ伝統と文化が融合する「千代田区一番町」アドレスは、皇居を取り巻く都心3区を中心に展開するCONOE(コノエ)の最上級ブランドTHE CONOE(ザ・コノエ)の第二弾としてふさわしい場所である。

THE CONOE〈一番町〉6大オーナー特典:APA Premium Keys
 プレミアマンションオーナーになったその日から、北海道から沖縄まで広がるアパホテル&リゾーツの施設を下記の通り特別優待利用できる(購入から5年間)
1.マイベストレート:全国のアパホテルをWeb割ベストレートより1,000円引きにて利用可
2.マイスイートルーム:アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉のスイートルームの特別優待
3.マイリゾート:アパリゾート上越妙高・アパホテル&リゾート〈札幌〉の特別優待
4.マイ割烹温泉旅館:AH&R加賀片山津温泉 佳水郷を特別価格にてご優待
5.マイゴルフ:アパホテル所有のゴルフコースの会員価格での優待
6.マイホテル:アパホテルをマイホテルに・・・
 オーナーは、最寄りの「アパホテル〈半蔵門 平河町〉(全231室)」と大浴場付でツインルーム利用が可能な「アパホテル〈浅草 蔵前〉(全301室)」を、特別価格で利用できる。遠方の両親や特別な友人のためのゲストルームとしての利用など、全国でアパホテルを展開するアパグループだからこそ提案できる「マイホテル」という発想である。THE CONOEのキーを手にすることは、同時に、アパホテルズ&リゾーツのキーを手にすることでもある。

■THE CONOE〈一番町〉の特徴的設備・仕様
 本物件は、地上14階建、1LDK+S~3LDKまでの5タイプをそろえる全32邸のマンションであり、これまでの「CONOE(コノエ)」シリーズの設備・仕様に加え、下記の特徴を有する。
ハイセキュリティ:「風除室」、「EVホール」、「EVかご内」、「玄関ドア」での4段階セキュリティ。さらに、各邸の玄関前に専用EVホールを設置。また、ハンズフリーキーシステム自動登録により、ハンズフリーで自邸の専用ホールまで移動でき、抜群のセキュリティとプライバシー性を確保。
エコ仕様:LOW-E(低放射)複層ガラス、LED照明、超節水型トイレ、高効率給湯器「エコジョーズ」を採用。また、アパホテルのノウハウを活かし、住戸内の照明を玄関で一括オフが出来る「一括照明スイッチ」を採用。住宅性能評価における省エネ等級「4」を取得予定。
快適性:リビングには床暖房、ユニットバスにはミストサウナ、キッチンにはディスポーザーを採用し、生活快適性を追求。また、リビングドアには衝撃音を軽減し、最後までしっかりと引き込む「ソフトクローズドア」を採用し、安全性にも配慮している。

 デザイン監修は株式会社辻本デザイン事務所、設計監理は株式会社IAO竹田設計、施工は京成建設株式会社が担当し、竣工は平成28年8月下旬を予定している。

 2010年4月に始動したアパグループ頂上戦略・SUMMIT5以降、アパホテルとマンションライフを結びつけた新たなライフスタイルを提案するために生まれたPremiere Mansion Series(プレミアマンションシリーズ)は、東京・大阪において「CONOE」、「THE CONOE」シリーズとして、北陸エリアにおいては「Premiere(プレミア)」シリーズとして続々と展開している。「THE CONOEシリーズは港区三田綱町、西麻布に予定しており、石川県、富山県、新潟県においても新たな「Premiere(プレミア)」シリーズを予定している。今後もアパグループはさらなるブランドアップを図りながら、タワーマンションや総合都市開発事業へと展開していく所存である。

■物件概要

【施設名】 THE CONOE〈一番町〉
【所在地】 東京都千代田区一番町13番5(地番)
【交通】 東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅 徒歩2分
東京メトロ有楽町線「麹町」駅 徒歩6分
【用途地域】 商業地域・第二種住居専用地域
【敷地面積】 564.65㎡(170.80坪)
【建築面積】 313.37㎡(94.79坪)
【建築延床面積】 2,645.84㎡(800.36坪)
【専有面積】 56.54㎡(17.10坪)~78.32㎡(23.69坪)
【構造】 鉄筋コンクリート造
【階数】 地上14階建
【住戸】 32邸
【駐車場】 3台(機械式)
【身障者用駐車場】 1台
【駐輪場】 32台
【事業主】 アパホーム株式会社
【設計・監理】 株式会社IAO竹田設計
【施工】 京成建設株式会社