2023.08.27(日)、ついに大会開催へ!《サッカー元日本代表のレジェンドがやってくる》

U-11ジュニアサッカー大会

アパ名蹴会レジェンドカップ

会場: アパリゾート上越妙高サッカーグラウンド
時間: 8:30~17:30(予定)見学無料

GUEST

サッカー元日本代表・名蹴会会長
金田喜稔
サッカー元日本代表
坪井慶介

【Full】第5回アパ名蹴会レジェンドカップ(U-11ジュニアサッカー大会)

【Digest】第5回アパ名蹴会レジェンドカップ(U-11ジュニアサッカー大会)


LEGEND CUP大会概要

「アパ名蹴会レジェンドカップ」とは、一般社団法人日本サッカー名蹴会の特別協力で開催するU-11ジュニアサッカー大会です。アパリゾート上越妙高こどもサッカークリニックを10年連続で開催した経験から、アパグループのメセナ活動の一環として、サッカーを通じて子供達の健全な育成と交流を目指します。
大会名称 アパ名蹴会レジェンドカップ
開催日 第6回 2024年8月25日(日)1日開催
会場 アパリゾート上越妙高サッカーグラウンド (新潟県妙高市桶海1090 tel.0570-004-111)
ゲスト
(サッカークリニック)
サッカー元日本代表・名蹴会会長 金田喜稔 氏
サッカー元日本代表 坪井慶介 氏
試合方法 [予選]4チーム総当たり戦、2ブロック
[決勝]ブロック毎上位2チームトーナメント
名義 主催
アパホテル株式会社
特別協力 一般社団法人 日本サッカー名蹴会
特別協賛 キリンビール株式会社 キリンビバレッジ株式会社
後援 妙高サッカー協会 妙高市スポーツ協会 妙高観光局

GUEST

サッカー元日本代表・名蹴会会長
金田喜稔(かねだ・のぶとし)
1958年2月16日生まれ 広島県出身。日産自動車サッカー部(現横浜F・マリノス)時代に国内タイトル7冠獲得に貢献。日本代表では、154試合(内国際Aマッチ58試合)に出場し、ペレ、マラドーナなど世界のスタープレーヤーと対戦。1991年の現役引退まで、その華麗な個人技で日本サッカーの中盤を牽引した。日本代表歴代最年少得点記録保持者(19歳119日)。現在、テレビ・ラジオなどの解説やサッカーの指導・普及、一般社団法人日本サッカー名蹴会会長を務めている。
サッカー元日本代表
坪井慶介(つぼい・けいすけ)
四日市中央工業高校、福岡大学を卒業後、2002年に浦和レッズに入団。ルーキーイヤーからディフェンスの要としてチームを支え、同年の新人王、フェアプレイ賞などを受賞、2003年には日本代表に初招集されるとともに、Jリーグではベストカップでも主軸として活躍。2015年、13年プレーした浦和レッズを離れ、湘南ベルマーレへ移籍。2018年からはレノファ山口で、豊富な経験を活かしチームに貢献。2019年シーズンを最後に現役を引退し、2020年からは全国でサッカー教室や、サッカー解説などサッカーの普及活動に従事する一方で、TV出演などタレントとしても活躍中。

OUTLINE募集概要

募集チーム12チーム(申込先着順)
参加資格11歳以下の児童(小学5年生以下で構成されたチーム)
その他 ・大会出場中の映像、写真、記録などのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット、Youtube、モバイルサイト等への掲載権は主催者側に属します。
・お申込みいただいた個人情報は、大会事務局および決定した配宿先からの連絡、案内のみ使用いたします。
・出場チームの全選手はスポーツ傷害保険の加入を義務付けます。

SCHEDULE大会スケジュール

2020.10.18

8:30~開会式
9:00~ 予選リーグ戦
13:00~レジェンドサッカークリニック(金田喜稔、坪井慶介 )
14:20~順位決定戦
17:00~ 表彰式
※掲載のスケジュールは、当日変更の可能性がございます。

アパリゾート上越妙高サッカーイベントヒストリー

  • 第1回 2009年8月30日 金田 喜稔 様、名波 浩 様
  • 第2回 2010年7月19日 金田 喜稔 様、前園 真聖 様
  • 第3回 2011年7月18日 金田 喜稔 様、福田 正博 様
  • 第4回 2012年7月22日 金田 喜稔 様、三浦 淳寛 様
  • 第5回 2013年7月21日 金田 喜稔 様、福西 崇史 様
  • 第6回 2014年8月24日 金田 喜稔 様、秋田 豊 様
  • 第7回 2015年7月20日 金田 喜稔 様、中田 浩二 様
  • 第8回 2016年7月18日 金田 喜稔 様、鈴木 啓太 様
  • 第9回 2017年7月16日 金田 喜稔 様、鈴木 隆行 様
  • 第10回 2018年7月16日 金田 喜稔 様、小倉隆史 様
  • 第11回 2019年7月14・15日 金田 喜稔 様、 加地 亮 様
  • 第12回 2020年10月18日 金田喜稔様、小村徳男様
  • 第13回 2021年8月22日 金田喜稔様、岩本輝雄様
  • 第14回 2022年8月28日 金田喜稔様、播戸竜二様
  • 第15回 2023年8月27日 金田喜稔様、宮本恒靖様
  • 第16回 2024年8月25日 金田喜稔様、坪井慶介様
日本サッカー名蹴会は、日本のサッカー界において輝かしい功績を残したプレーヤーが中心となり、2010年9月27日に発足。日本サッカーの普及・発展および底辺拡大を図り、国民の健全な心身の発達と豊かな社会づくりに寄与することを目指します。サッカー元日本代表 金田喜稔氏が会長を務めている。

ACCESS会場アクセス

《車でのアクセス》

上信越自動車道「妙高高原I.C」から国道18号線で18km
上信越自動車道「中郷I.C」から国道18号線で14km
※国道18号線・関山交差点を左折後、約15分

《電車でのアクセス》

JR北陸新幹線「上越妙高」駅下車(車約50分)、
えちごトキめき鉄道(妙高はねうまライン)「関山」駅下車(車約15分)

《無料送迎バス(予約制)》

「上越妙高」駅⇔会場(約45分~)
「関山」駅⇔会場(約15分~)
詳しくはこちら

REPORT大会結果

第5回アパ名蹴会レジェンドカップ結果報告

2023年8月27日(日)アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)にて第5回アパ名蹴会レジェンドカップが開催されました。「アパ名蹴会レジェンドカップ」とは、一般社団法人日本サッカー名蹴会の特別協力で開催するU-11ジュニアサッカー大会です。
今年は、サッカー元日本代表 名蹴会会長 金田喜稔氏、サッカー元日本代表 JFA専務理事 宮本恒靖氏をゲストに迎えて開催しました。
開会式では、金田喜稔様・宮本恒靖様からのご挨拶では、大会に参加する子供たちに向けてアドバイスをいただき、元谷CEOからは優勝チームの賞品として、10月13日(金)に新潟県のデンカビッグスワンスタジアムで開催される「MIZUHO BLUE DREAM MATCH 2023 日本代表 対 カナダ代表戦」の観戦チケットがAH&R〈新潟駅前大通〉宿泊付きでチーム分(最大20名様)がプレゼントされることが発表されました。
アパホテルはサッカー日本代表を応援しています
予選リーグでは、12チーム・4ブロックのグループリーグで、試合は12分ハーフで行いました。各チームの優秀賞やMVPを決める宮本さんは、真剣な表情で各試合をチェックしていました。
予選リーグ終了後に行われた「サッカークリニック」では、日本代表のキャプテンを務めた宮本さんからディフェンスについて体の向きやボールや相手への寄せ、選手間の声掛けなど具体的な指導をいただき、その後金田さんを相手に2対2、5対5の実践を交えた指導をいただきました。子供たちも最初は戸惑いながらも真剣に取り組み、だんだんと良いプレーは発揮してていました。
決勝トーナメントでは、「FCフェローズジュニアA(長野県)」「長野FCガーフA(長野県)」「定塚FC(富山県)」「日之出ブレッツジュニア(福井県)」がベスト4に進出、「長野FCガーフA」、「日之出ブレッツジュニア」が勝ち進みました。3位決定戦は「FCフェローズジュニアA」がPK戦で勝利。決勝戦は終盤までスコアレスの激戦となり、試合終了間際に得点した「長野FCガーフA」が接戦を制し優勝しました。
閉会式・表彰式では、優勝の「長野FCガーフA」、第2位の「日之出ブレッツジュニア」、第3位の「FCフェローズジュニアA」に、元谷CEOからトロフィーが手渡されました。また、MVP選手・最優秀選手に金田さん、宮本さんからメダルと賞品が贈呈されました。さらに金田さん、宮本さんからユニフォームなどの賞品を、じゃんけん大会で子供達にプレゼントしていただきました。
第5回アパ名蹴会レジェンドカップ
優勝「長野FCガーフA」
閉会式・表彰式では、優勝の「長野FCガーフA」、第2位の「日之出ブレッツジュニア」、第3位の「FCフェローズジュニアA」に、元谷CEOからトロフィーが手渡されました。また、MVP選手・最優秀選手に金田さん、宮本さんからメダルと賞品が贈呈されました。さらに金田さん、宮本さんからユニフォームなどの賞品を、じゃんけん大会で子供達にプレゼントしていただきました。
元谷CEOから優勝チームの賞品として、10月13日(金)に新潟県のデンカビッグスワンスタジアムで開催された「MIZUHO BLUE DREAM MATCH 2023 日本代表 対 カナダ代表戦」の観戦チケットを、AH&R〈新潟駅前大通〉宿泊付きでチーム分(最大20名様)プレゼントされました。

決勝トーナメントおよび予選敗退チームによる交流戦

【優勝】

長野FCガーフA(長野県)

【準優勝】

日之出ブレッツジュニア(福井県)

【3位】

FCフェローズジュニアA(長野県)

【4位】

定塚FC(富山県)

【ベスト8】

FC笠間(石川県)、長野FCガーフB(長野県)、徳間JFC(長野県)、中野エスペランサ(長野県)

【交流戦】

ボアソルチ富山(富山県)、FCフェローズジュニアB(長野県)、高丘FC(長野県)、春日SSS(新潟県)