フロント【入社1年目】

仕事の内容について

アパホテルの顔として、フロント業務を任されています。お客様のチェックイン・チェックアウトの対応が主な業務ですが、その他にも電話応対、宿泊予約の受付、データ入力、お客様からいただいた口コミ投稿への返信など、幅広く任せてもらえています。まだ学生なのですが、将来接客に関わる仕事がしたいと考えていて、それなら接客の最高峰といわれるホテルのフロントが勉強になると思い、アパホテルの仕事を始めることにしました。また、ホテルで働くことで、正しい言葉遣いやビジネスマナーが身に付けられて就職活動の対策になるのでは…とも思いました。学校の予定に合わせてシフトを配慮してもらえることも助かっています。接客スキルに関しては、接客スーパーバイザーや支配人など接客のプロに基本から学ぶことができ、自分でも驚くほど短期間で成長できました。また最近は海外からのお客様が増えていることもあって、得意の英語を活かしておすすめの観光地や美味しいお店を紹介することも増えています。

仕事のやりがいについて

やはり一番のやりがいは、お客様との触れ合いですね。常連のお客様に顔と名前を覚えてもらい、挨拶を交わすようになるのがうれしくて。ホテルのフロントはお客様から様々なリクエストを受けるポジションで、私達もその場その場での臨機応変な対応が求められます。その土地に不慣れなお客様からの調べ物の依頼に少々時間が掛かりながらも対応した時に、「一生懸命に調べてくれてありがとう」とお声を掛けていただき、とても感激したことがあります。そういった日々の出来事が仕事へのやりがいに繋がっています。仕事を始める前は、ホテルでの業務経験がないことが不安だったのですが、最初に研修がありとても助かりました。フロント業務の基本を一から学ぶことができるわかりやすい研修で、ホテルで働くのが初めての私でも、業務内容をしっかりと把握することができました。さらにユニークなのが、私のような学生のスタッフを対象に、就活対策セミナーが年1回開催されることです。エントリーシートの書き方、志望動機の組み立て方から面接での言葉遣い、メイク、服装まで、就職活動ですぐに役立つ知識を教えてもらえました。これからが就職活動本番の私ですが、このセミナーのおかげで、なんとか乗り切れそうな気がしてきました。アパホテルでの仕事を卒業まで続けてもっと接客面で成長し、希望企業に、できればアパホテルに就職したいと考えています。

MESSAGE FOR RECRUIT

様々なお客様と接し、様々なご要望に応えるホテルのフロント業務は、どんな業界であっても接客業を目指す人であれば一度は体験するべきだと思います。男性よりも少し女性が多い職場なのですが、スタッフは学生からフリーター、主婦の方など様々な人がいて、雰囲気は和気あいあいとしながらも、みんな良いホテルを作るために一生懸命なところが、とても心地良いですね。また、次々と都心にホテルがオープンするアパホテルですから、会社の勢いをひしひしと感じることも多いです。最新の設備が整った新しいホテルで勤務できるチャンスもあります。いい雰囲気の職場で接客スキルを磨き、日々やりがいも感じることができる理想の仕事だと思います。