出張で遅刻しそうな時に使える言い訳3選


出典:http://and-plus.net/manner/

遅刻をする。これはプライベートでもビジネスにおいても信頼を失う要素の一つです。
ただ、仕事をしている中で、一度も遅刻をしたことがないという方は珍しいと思います。皆さんも経験があるかと思いますが、
遅刻をする際に言い訳を考えますよね。どのように伝えたら相手に多少なり遅刻してしまったことが仕方なかったか。
特に出張先のアポイントに遅れるということはビジネスマンにとってはとても場の悪いことなので、
必死に頭の中で言い訳を考えるのではないでしょうか。今回のコラムでは、遅刻の際に使える言い訳を紹介します。
遅刻しないことが一番ですが、もし、先方に言いにくい理由で遅刻してしまった際には、言い訳の一つとして参考にしてみてください。

電車に乗り間違えて遅刻する

出張のアポイントに遅刻する際に、言い訳として多いのは「乗る電車に間違えた」です。
出張先なので電車の乗り継ぎに慣れていないことが多いです。実際、乗り間違えてしまうことも多いので、
この言い訳を使う方は多いのではないでしょうか。逆方面の電車に乗ってしまったなんて言うこともあります。
出張先の方にも理解してもらいやすい言い訳ではないでしょうか。

電車遅延による遅刻

公共交通機関を利用するからには、電車の遅延で遅れるということは容易に想像できます。
特に都市部の交通機関では遅延することも多いです。出張先が都市部ではない場合はあまり使えない言い訳ですが、
都市部の場合は遅延の発生はよくあることなので、出張先への言い訳としても有効ではないでしょうか。

体調不良で遅刻

人間、体調が万全の時だけではないです。出張の移動中にお腹を下すこともあれば、気持ち悪くなってしまうこともあります。
予定していた時間通りに動けなくなることもあります。ただ、ビジネスマンとして体調管理も仕事のうちです。
出張先の方とのリレーションシップが取れている状態であればこの言い訳も通じますが、まだそこまでの仲ではない場合は
信用を失うこともあるので注意しましょう。

出張で遅刻しそうな時の伝え方マナー

遅刻しそうな時のマナーとして、なるべく早く先方へ連絡することが重要です。
ギリギリ間に合うかもしれないという時でも、必ず連絡をするようにしましょう。
遅刻しそうなことを伝えて遅刻しないのは問題ありませんが、連絡しないで少しでも遅刻するのはマナー違反です。
また、遅刻の連絡で必ず伝えなければいけないのは、何時に到着しそうかということです。
この際の時間はある程度余裕を持った時間で伝えるようにしましょう。
その時間にも遅れてしまうのはマナー違反になるので、よく考えた上で伝えるようにしましょう。