経費を支給される範囲内にうまく抑える出張の裏ワザ


出典:http://ic-root.com/blog/webdesign_onepattern_break/

出張規定で宿泊に使える上限金額が決められている会社が多いです。
また、日当が支給される会社では、1日当たり1,000円や1,500円など決められていると思います。
これらの金額の中でいかにうまくやりくりして、いい出張にするかというのも出張慣れしている方には当たり前のことです。
今回はそんな裏ワザをご紹介します。

目次

経費を支給される範囲内にうまく抑える出張の裏ワザ

  1. 出張で食費を安く抑える裏ワザ
  2. 交通費を安く抑える裏ワザ

出張で食費を安く抑える裏ワザ

日当が支給される会社の場合、その主な使い道は食費になるかと思います。この食費を少しでも安く抑えられれば、出費も少なくて済みます。
まず朝食については、ホテルを予約する際に朝食付きで予約するようにしましょう。
続いて昼食は500円以内で抑えるために、予め駅近くのスーパーなどで購入するというのも一つのポイントです。
外食をすると500円以内に抑えることは難しいので、お弁当を購入するのがオススメです。最後に夕食です。
日当が1,500円という会社も多いと思いますので、昼食で500円使ったら残り1,000円です。
飲みにいかなければ、1,000円で夕食をとることはそんなに難しいことではありません。
過去の参考コラム:http://www.apahotel.com/contents/?p=452

交通費を安く抑える裏ワザ

新幹線を利用する出張も多いと思います。、新幹線チケットを安く購入する方法として、金券ショップを利用することがオススメです。
以前のコラムでも書きましたが、東京から新大阪の指定席チケットが、通常価格14,450円のところ、13,300円で
販売しているところもあります。予め購入しないといけないという点と、ハイシーズンは利用できない点がネックになります。
過去の参考コラム:http://www.apahotel.com/contents/?p=630#title2

出張に行く担当者としても、経理担当としても出張経費は安く抑えたいですね。
ここで紹介した以外にも格安の旅行パックを利用することや格安航空会社を利用する、カーシェアを利用するなど、
経費を削減するパターンはいくつかあります。
利用する交通機関や宿泊エリアによってコスト削減ができる方法はあるので、本コラムで紹介した裏ワザを参考にトライしてみてください。