出張にネクタイは何本持っていく?


出典:http://tpo.livedoor.biz/archives/cat_50030614.html?p=2

出張の際に皆さんはネクタイを何本持って行きますか?最近ではビジネスカジュアルが普通となってきたため、
ネクタイをする人も少なくないです。クールビスだからネクタイをしないというよりは、普段からネクタイをしない方も多いです。
また、そもそもネクタイが必要な時とは?そんな疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな出張の際に必要なネクタイの本数と、ネクタイが必要な時のシチュエーションについてご紹介します。

ネクタイが必要だと思われるシチュエーション

ネクタイをするのは、従来の慣習からするとビジネスマンとしては当たり前のことでした。
ネクタイもビジネススタイルの一つとしてこだわっている方も多かったものです。
最近では、Tシャツにジャケットなど、ネクタイをしない服装で仕事をしている方もいます。
では、どのようなシチュエーションでネクタイをするのでしょうか。
これは決まりがあるわけではないですが、一般的な常識として下記のパターンがあります。
・クレームでクライアント先へ謝罪に行く際。
・老舗メーカー、相手が古くからの慣習で動いている方の場合。
上記のような場合はネクタイをした方が良いです。

出張に行く際に必要なネクタイの本数について

ネクタイが必要なシチュエーションでの話にはなりますが、出張に持っていくネクタイの本数は、誰と何日会うかにもよります。
何泊かの出張で、毎日同じ方と会う場合は、出張日数分のネクタイを持って行った方がいいです。
毎日同じネクタイだと思われると、センスがないなと思われてしまいます。最低でも2本~3本は持っていくようにしましょう。
また、ネクタイが汚れてしまうというリスクもあります。このようなリスクに対処するためにも、出張先で
ネクタイが必要な場合は、必要な本数持っていくようにしましょう。

どんなネクタイをしたらいいのか

普段からネクタイをする仕事をされている方の場合と、上記であげたようなシチュエーションでネクタイをする場合では、
ネクタイのデザインも異なります。
普段からネクタイをする仕事の場合は、ネクタイにもファッション性をとりいれると思いますが、クレームの際や
大事な取引先との打ち合わせの際にのみネクタイをする場合は、ネイビーや紺などのあまり派手ではない落ち着きのある
デザインにしておきましょう。
デザイン性にこだわったネクタイは、逆に失礼になってしまうケースもあるため注意しましょう。

出張のネクタイ本数から、ネクタイが必要なシチュエーションまでご紹介しました。
普段からネクタイをされている方にはあまり必要のない知識ですが、社会人になりたての方や、普段あまりネクタイをされない方に
参考にしていただければと思います。