日本のビジネスホテルは忘れ物をしても安心


出典:http://keiei.freee.co.jp/2014/10/28/kigyou-shittpai/

ホテルに宿泊して忘れ物をしてしまった。
それもチェックアウトして家まで帰ってきてしまったなんていう経験がある方もいるのではないでしょうか。
そして、このコラムを読んでいる方の中には、まさにそんな忘れ物をしてしまってどうしようと思っている方もいるかもしれません。
今回のコラムは、ビジネスホテルで忘れ物をした際にどんなことをしたら良いかをご紹介します。

ビジネスホテルに忘れ物をしたらすぐにホテルへ連絡

ビジネスホテルをチェックアウトした後、忘れ物をしていたことに気づいた際はすぐにホテルへ連絡しましょう。
宿泊した日と名前を言えば何号室に宿泊していたかは分かります。電話で何を忘れたかを伝えておくことで、
忘れ物が出てきたら連絡してくれます。また、チェックアウト後は各部屋に清掃が入ります。そのタイミングで
清掃の方が忘れ物を発見することも多いです。忘れ物をしてしまったと気づくタイミングにもよりますが、連絡先がわかる場合は、
ホテルから電話が入ることもあります。このような点では日本のホテルは、忘れ物をしても安心できますね。

ビジネスホテルで忘れ物をしないために

ここまで忘れ物をした場合のことについて書いてきましたが、そもそも忘れ物をしないことが一番ですよね。
ビジネスホテルで忘れ物をしてしまうパターンとして、洗面台に置き忘れるパターンと、部屋に忘れるパターン、
クローゼットに服をかけたまま忘れるパターンです。
まず、洗面台に忘れてしまうパターンですが、宿泊した夜に使うもの、朝に使うものがあるかと思いますが、それぞれ使ったらしまう。
これが忘れないポイントです。夜に使って朝使わないものは、夜の時点でしまいましょう。続いて、部屋に忘れるパターンです。
キャリーバッグを広げて荷物をざっと出してしまうと危険です。必要な着替えのみをベッド上に出しておく。
着ていた服は脱いだその場でしまうことを心がけましょう。最後にクローゼットの服です。クローゼットを閉めてしまうと、
部屋を出る際に目につかずに忘れてしまいます。クローゼットを開けておくと、部屋を出る際に目に入ります。
服をクローゼットにかけた際は、開けておくといいかと思います。

ビジネスホテルの忘れ物についてご紹介しました。日本のホテルでは、忘れ物をしたとしても部屋の中であれば見つかることが多いです。
忘れないことが一番ですが、もし忘れ物をしてしまった際はすぐにホテルへ連絡してみましょう。