初めての飛行機での出張。気をつけるべきポイント


出典:http://tr.twipple.jp/p/1a/b893cb.html

飛行機で移動する出張。初めての方はとても心が弾むような思いになるかと思います。
プライベートで飛行機に乗る機会が少ない方は、仕事で飛行機に乗れるとなると浮き足立つ思いですよね。
さて、そんな浮き足立った思いのままでいると飛行機移動で痛い目をみます。
新幹線とは違い、飛行機に乗る際は登場手続きなど、乗るまでにいくつかの段階を踏まないといけません。
今回は、そんな飛行機での出張時に気をつけるポイントをまとめました。

初めての飛行機出張でよくあるトラブル

飛行機に乗ることすらほとんどないという方の場合、まず初めに注意しておかないといけないことは、
出発時刻の1時間前には空港に到着しておくということです。
新幹線の場合は出発時刻間際に乗り込むなんてことも可能ですが、飛行機の場合はそうはいきません。
登場するための手続きを行い、手荷物のX線検査を通過し、ようやく搭乗する準備が整います。
手荷物の検査は搭乗の15分前までに通過しないといけません。これを過ぎると乗れない可能性があります。
15分前までなら何も1時間も前に到着しなくてもと思われますが、搭乗手続きが混雑している場合もあります。
また、手荷物検査場から搭乗ロビーまでが遠いこともあるため、時間に余裕を持って行動する必要があります。
飛行機は待ってくれないため、乗り過ごしたらアウトです。
次の便で空席があれば振り替えることも可能ですが、空きがないと移動ができなくなります。
大事な出張なので、時間には余裕を持って行動しましょう。

飛行機機内持ち込みの手荷物はサイズ制限あり

出張で飛行機を使う場合、宿泊を伴う出張になると思います。
キャリーバッグなどはサイズによっては機内に持ち込めません。
もし初めての飛行機でしたら、手荷物検査を受ける前に、機内に持ち込めるサイズのバッグかを確認してください。
もしNGだった場合は預けるようにしましょう。
ANAの手荷物制限:
https://www.ana.co.jp/domestic/prepare/baggage/?menu=baggage-size

JALの手荷物制限:
https://www.jal.co.jp/inter/baggage/inflight/#anchorlink001

飛行機機内で仕事したい方も安心

離着陸を除き、飛行機機内では電波を発しない電子機器はご利用になれます。
PCもネットに接続せずに使うことは可能です。
ただ、ネットに接続しないと仕事にならないという方のために、機内で利用できるWi-Fiが用意されています。
有料にはなりますが、時間制で利用できるようになっています。
ANAのWi-Fi:https://www.ana.co.jp/international/departure/inflight/wifi/
JALのWi-Fi:https://www.jal.co.jp/k-tai/appli/wifi_dom/

初めての飛行機出張でも、安心して搭乗できるようによくあるトラブルや使いたいサービスをご紹介しました。
飛行機を待っている間の時間など、飛行機移動の出張だからこそ味わえる独特の感覚があります。
存分に飛行機移動の出張を楽しむためにも、時間だけは余裕を持って行動しましょう。