ビジネスホテルの鍵の一般的な取り扱いについて


出典:https://www.rakudaclub.com/hotels/gallery.php?id=81772

初めてのビジネスホテル宿泊。いろいろと勝手がわからずに不安になることも多いかと思います。
分からないことがあればフロントに聞くのが一番です。どこのホテルも快く対応してくれますので、
安心していただければと思いますが、それでも事前に分かることは知っておきたいですよね。
今回は、ビジネスホテルに宿泊する際の鍵の一般的な取り扱いについてご紹介します。

外出する際は鍵をフロントに預ける

ビジネスホテルに宿泊する際、一旦荷物を置いて外出したり、近くのコンビニエンスストアや飲食店に
出かけることもあるかと思います。
このような際には鍵をフロントに預けるようにしましょう。
カードキーの場合は、預けなくても良いホテルもあるので、フロントに確認してみてください。
鍵を持ったまま外出して紛失した場合は、弁償しなければなりませんのでご注意ください。

少しでも部屋を出るときは必ず鍵を持っていきましょう

ホテル内の自動販売機やフロントに行くときなど、ホテル内であっても鍵は必ず持って出るようにして
ください。ビジネスホテルの部屋は自動ロックになっているところが大半です。
扉が閉まると自動で鍵がかかるようになっています。鍵を持たないで部屋の外に出ると入れなくなって
しまいます。
もし、鍵を部屋に忘れて出てしまい、部屋に入れなくなったときはフロントに伝えるようにしましょう。

ビジネスホテルの鍵の種類

最近のビジネスホテルでは、鍵の種類は大きく分けて2種類となります。
通常の鍵穴があるタイプの鍵とカードキータイプの鍵穴がないタイプです。
通常の鍵の場合は、普通に開けられると思いますが、カードキーの場合は少し戸惑う方もいるかも
しれません。鍵穴の変わりにカードを通す穴がドアについています。
穴にカードを挿して少し待つと、赤く光っているランプが緑に変わります。
そうしたらドアが開いたということになるので、部屋に入りましょう。
また、通常の鍵の場合で戸惑うことがあるとすると、部屋に入った後です。
部屋に入っても電気がつかないということがあります。
鍵に棒のようなものが付いている場合は、部屋に入ってすぐにその棒を刺す場所があります。
それを刺さないと部屋に電機が通らないようになっています。

アパホテルでは、環境に配慮した「省エネスイッチ」を採用しているホテルが多く、客室ドア横の
カードホルダーにルームキーを差し込むと客室の電源が入ります。
http://www.apahotel.com/other/service.html

いかがでしたでしょうか。ビジネスホテルの鍵にまつわる不安はこれで解決できると思います。
これ以外にも分からないことなどありましたら、
フロントに聞いてみましょう!