飯田橋駅でおすすめの新都市型ホテルをご紹介!全国一早く銀だこが食べられるホテル


東京都千代田区、新宿区、文京区にまたがる飯田橋エリアは、石畳の路地に個性的で趣のある店が並ぶ神楽坂を抱え、

大人向けの粋な街として根強い人気を誇ります。

しかし、魅力たっぷりのスポットは神楽坂だけではありません。公園、神社などほかにもおすすめしたい場所がいっぱい。

JR飯田橋駅周辺の観光スポットを紹介しましょう。

歴史のプロムナード

JR飯田橋駅東口から九段下に通じる目白通りが歴史のプロムナードと命名され、13本の標柱が建てられています。

東京女子医科大学発祥の地、幕末の浪士組織新徴組の屯所跡、日本赤十字社発祥の地、東京農業大学開校の地などで、

それぞれその場所で起こった歴史的な事実を紹介しています。

遠い昔に海の底だった土地が江戸時代に徳川家康の埋め立てで旗本屋敷が並ぶ場所に変わり、明治維新後は近代文化が芽吹いていきました。

そんな飯田橋エリアの歴史を学びながら散策できるコースになっています。

ところどころに歴史地図版も設置され、詳しい解説が施されています。

◇住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-9-5(飯田橋商店街振興組合)

◇電話:03-3261-7224(マルマツ薬局)

◇公式HP: http://sunporo.jp/town/history/(飯田橋商店街振興組合)

かくれんぼ横丁

神楽坂仲通りと兵庫横丁を結ぶ横丁で、

お忍びで遊びに来た人が後をつけられても通りが狭くて横に入ると分からなくなることから、こう呼ばれています。

石畳の路地の両側に黒板塀で囲まれた老舗料亭や隠れ家的な雰囲気を持つ飲食店などが並んでいます。

もとは大正時代に隆盛を誇った花街の一角。

艶やかな着物を身につけた芸者さんが多数、行き交っていた往時の風情が伝わってくるようで、

一歩横の路地に入れば花柳界の名残りを感じられる芸者新道に通じています。

食事のためではなく、石畳の路地の雰囲気を楽しむデートコースとして散策する若いカップルも増えています。

◇住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3

◇電話:03-3344-3160(新宿観光振興協会)

◇時間:店舗により異なる

◇休日:店舗により異なる

◇公式HP: http://www.kanko-shinjuku.jp/spot/-/article_434.html(新宿観光振興協会)

東京大神宮

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/1099956?title=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E7%A5%9E%E5%AE%AE

明治時代前期の1880年、有楽町の大隈重信邸に落成した伊勢神宮正宮の1つ皇太神宮遙拝殿を起源とする神社。

天照皇大神と豊受大神が主祭神で、日比谷皇大神宮と呼ばれました。

明治維新以降、皇室への信仰から庶民が神前結婚式を開くようになりましたが、

それを普及させたのは東京大神宮だったという説も唱えられています。

近年は縁結びのご利益がある神社として、多くの参拝客を集めているほか、

東京を代表するパワースポットとして女性誌やテレビで取り上げられたことから、若い女性の参拝が増えています。

大安の日を狙って参拝し、その日から婚活に入るのが結婚の必勝法だそうです。

◇住所:〒102-0071 東京都千代田区富士見2-4-1

◇電話:03-3262-3566

◇時間:9:00~17:00

◇休日:無休

◇公式HP: http://www.tokyodaijingu.or.jp/

外濠公園

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/295699?title=%E5%A4%96%E6%BF%A0%E5%85%AC%E5%9C%92

皇居(旧江戸城)の外濠に当たる牛込濠、新見附濠、市ケ谷濠に沿って設けられた公園で、

JRの飯田橋駅から市ヶ谷駅、四ツ谷駅まで約2キロにわたります。

名物は春の桜。ソメイヨシノやヤマザクラなど約240本が植えられ、公園をピンク色に染め上げます。

公園自体が車道から一段上がった遊歩道になっているため、ゆっくりと歩きながら花見を楽しめるのが特徴。

散り始めのころには、花びらが濠に浮かび、満開時期とはひと味違う景色になります。

近くを通るJR中央線、総武線の車内からも満開の桜が眺められ、東京に春の訪れを目で楽しませてくれます。

◇住所:〒102-0071 東京都千代田区富士見2~〒102-0076 東京都千代田区五番町

◇電話:03-5211-4243(千代田区道路公園課)

◇公式HP: http://kanko-chiyoda.jp/tabid/1120/Default.aspx(千代田区)

小石川後楽園

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/365591?title=%E5%B0%8F%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E5%BE%8C%E6%A5%BD%E5%9C%92

江戸時代初期の1629年、水戸徳川家の祖頼房が江戸屋敷の庭として造ったもので、

水戸黄門としておなじみの二代藩主光圀の代に完成した庭園です。

後楽園と命名したのは光圀でした。広さは約7万平方メートル。

庭園は池を中心に配した回遊式築山泉水庭園で、随所に中国の名所の名前をつけるなど中国趣味が各所に見られ、

各地の景勝を岩や山、木々などを使って巧みに表現しています。

文化財保護法で特別史跡と特別名勝を重複指定された全国9カ所の1つ。

現在は都立公園として一般に開放され、集会場の涵徳亭で庭園を眺めながら、食事を楽しめるようになっています。

◇住所:〒112-0004 東京都文京区後楽1-6-6

◇電話:03-3811-3015

◇時間:9:00~17:00

◇休日:年末年始

◇公式HP: https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/about030.html(東京都公園協会)

飯田橋で泊まるなら、ここがおすすめ♪

出典:https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekimae/galleries.html

JR飯田橋駅周辺の観光スポットは公園や坂が多く、1日かけてあちこち回ると疲れてしまうかもしれません。

そんなときは宿に戻って疲れを癒やしたいものです。飯田橋駅周辺にはおすすめしたい2カ所の新都市型ホテルがあります。

最初におすすめしたい新都市型ホテルは「アパホテル〈飯田橋駅前〉」です。

「アパホテル〈飯田橋駅前〉」は、東京メトロ東西線の「飯田橋駅」A5出口から徒歩1分、

JR中央線の「飯田橋駅」東口、都営地下鉄大江戸線、東京メトロ南北線、有楽町線の「飯田橋駅」A2出口からそれぞれ徒歩2分。

駅チカで非常に交通の便の良いところに位置し、東京大神宮や外濠公園は目と鼻の先、小石川後楽園や神楽坂も徒歩10分です。

客室数は163室。「シングル」、「ダブル」、「ツイン」、「デラックスツイン」の4タイプの客室があります。

「デラックスツイン」の部屋には60型大型4K液晶テレビ、その他のタイプの部屋には50型大型液晶テレビを完備しました。

インターネット環境は有線LANと無線のWi-Fiが無料で使用でき、同時使用も可能になっています。

食事は館内の「築地銀だこハイボール酒場 アパホテル飯田橋駅前店」で頂けます。

朝食は和洋バイキング。全国で一番早く銀だこのたこ焼きが味わえます。

ほかにも、魚料理、ソース焼きそば、揚げ物、スクランブルエッグ、キッシュ、サラダなど17種のメニューが用意されています。

夜は居酒屋メニューとなり、アルコールが提供されます。歩き疲れたあとなら、たこ焼きで飲む一杯がとても楽しみ。

きっと疲れを一気に吹き飛ばしてくれることでしょう。

飯田橋駅周辺を訪れる際は、ぜひ「アパホテル〈飯田橋駅前〉」を利用してみてください。

◇ホテル名:アパホテル〈飯田橋駅前〉

◇住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-4-6

◇電話:03-3511-8311

◇公式HP: https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekimae/

飯田橋で泊まるなら、ここがおすすめ♪「アパホテル〈飯田橋駅南〉」

出典:https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekiminami/

「アパホテル〈飯田橋駅南〉」は、東京メトロ東西線の「飯田橋駅」A5出口から徒歩2分、東京メトロ有楽町線、

南北線、都営地下鉄大江戸線の「飯田橋駅」A2出口、JR中央線の「飯田橋駅」からそれぞれ徒歩3分。

こちらも駅チカの抜群の立地です。神楽坂や後楽園ホールには徒歩10分、靖国神社も徒歩13分で到着します。

館内には「シングル」、「ダブル」、「デラックスツイン」の3タイプの客室が合計107室あります。

「デラックスツイン」は58型、「シングル」と「ダブル」は50型の大型液晶テレビを備えました。

快眠を追求したアパオリジナルベッドの「クラウドフィットSP」を全室に配備、ベッドの下に荷物の収納スペースを設けています。

もちろんインターネットは有線LANと無線のWi-Fiが無料で使用できます。

レストランは「アパ社長カレー 飯田橋駅南店」が営業中。

アパホテルの元谷芙美子社長が自信を持っておすすめする本格派ビーフカレーが自慢の店で、

石川県の金沢カレーにキャベツを加えています。

トッピングはロースカツ、ハンバーグ、エビフライ、女性におすすめのラタトゥイユなどさまざま。

ただし、朝食は提供しておらず、朝食会場はすぐ近くの「アパホテル〈飯田橋駅前〉」で利用できます。

飯田橋周辺を訪れる際は、ぜひ「アパホテル〈飯田橋駅南〉」を利用してみてください。

◇ホテル名:アパホテル〈飯田橋駅南〉

◇住所:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-1-4

◇電話:03-3237-5111

◇公式HP: https://www.apahotel.com/hotel/shutoken/iidabashi-ekiminami/