大阪駅でおすすめの新都市型ホテルをご紹介!大浴場やリラクゼーションサロンで癒される


江戸時代から日本経済の中心地として発展してきた大阪市。JR大阪駅周辺はキタと呼ばれ、西日本きってのビジネス街が形成されています。

ただ、キタが都市として発展を始めたのは明治時代初期の1874年、旧国鉄が大阪駅を設置してから。

江戸時代から商人の街だったミナミと異なり、明治の再開発で出現した地区ですが、今も進化を続け、魅力的なスポットが次々に生まれています。

そんな大阪駅周辺の見どころを紹介します。

目次

大阪駅でおすすめの新都市型ホテルをご紹介!大浴場やリラクゼーションサロンで癒される

  1. 大阪ステーションシティ
  2. 大阪くらしの今昔館
  3. 大阪天満宮
  4. HEP FIVE観覧車
  5. キッズプラザ大阪
  6. 大阪駅周辺で泊まるなら、ここがおすすめ♪

大阪ステーションシティ

JR大阪駅とノースゲートビルディング、サウスゲートビルディングをドーム屋根でつないだ複合施設。

総延べ床面積は約53万平方メートルあり、店舗面積は国内第2位の13万4,000平方メートルに達します。

ノースゲートビルは地上29階建て延べ約21万平方メートル、サウスゲートビルは地上27階建て延べ約14万平方メートルの駅ビルで、

大丸梅田店、ホテルグランヴィア大阪、三越伊勢丹系のファッションビルルクア1100など多彩な施設が入居し、

買い物、宿泊、飲食を楽しめます。施設内には8つの広場が設けられ、駅の利用者や買い物客らの憩いの場になっています。

◇住所:〒530-0001 大阪市北区梅田3-1-3

◇電話:06-6458-0212

◇時間:施設により異なる

◇休日:施設により異なる

◇公式HP: https://osakastationcity.com/

大阪くらしの今昔館

全長2.6キロ、日本一長いことで有名な天神橋筋商店街に面した大阪市立住まい情報センタービル8~10階にある住まいの博物館。

9階は江戸時代後期の天保期の大坂の町並みを専門家の監修の下で再現しました。

木戸門をくぐり、中へ入ると、大通りの両側に商家が並び、路地裏には長屋が整備されています。

すべて実物大ですから、タイムスリップして江戸時代に迷い込んだような体験ができます。

8階は北船場など明治時代から戦後までの大阪を代表する住宅地6カ所を模型と資料で再現しています。

かつて「天下の台所」と呼ばれた大阪の歴史を楽しく遊びながら学べる施設です。

このほか、企画展や上方落語会などのイベントも随時、開催されています。

◇住所:〒530-0041 大阪市北区天神橋6-4-20

◇電話:06-6242-1170

◇時間:10:00~17:00

◇休日:火曜日、年末年始

◇公式HP: http://konjyakukan.com/

大阪天満宮

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/155521?title=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE1

日本三大祭りの1つに数えられる天神祭で有名な神社で、地元の人は「天満の天神さん」と呼んでいます。

創建は平安時代の949年。学問の神様として知られる菅原道真をまつっており、

関西の受験生にとって正月に参拝するのが定番になっています。

大阪天満宮はたびたび火災で焼失し、現在の本殿は江戸時代末の1843年に再建されたものです。

境内外社に大将軍社や白米稲荷社などがあります。

7月24、25日に開かれる天神祭は大阪の夏の風物詩で、約100隻の船が大川(旧淀川)を行き交う伝統神事の「船渡御」や

豪快な花火で大勢の見物客を集めています。

◇住所:〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-8

◇電話:06-6353-0025

◇時間:9:00~17:00

◇休日:無休

◇公式HP: http://www.tenjinsan.com/

HEP FIVE観覧車

出典:https://osaka-info.jp/photo-library?q=HEP+FIVE

大阪キタの新しいランドマークになっている赤い観覧車が、複合商業施設HEP FIVEの上部に食い込むように設置されています。

観覧車の直径は75メートル。7階の乗り場からゴンドラに乗ると、地上106メートルの高さまでゆっくり上昇し、

昼間なら大阪湾や生駒山、明石海峡大橋、夜は梅田や難波の夜景を堪能することができます。

1周約15分。360度のパノラマは刺激的で、瞬く間に過ぎていきます。

ゴンドラ内にはおすすめビュースポットが描かれ、さりげなくナビゲートしてくれます。

ゴンドラ内は冷暖房が完備され、有料の記念撮影サービスも。梅田デートや大阪観光の新スポットとして定番になっています。

◇住所:〒530-0017 大阪市北区角田町5-15

◇電話:06-6366-3634

◇時間:11:00~23:00

◇休日:不定休

◇公式HP: https://www.hepfive.jp/ferriswheel/

キッズプラザ大阪

出典:http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000010926.html

関西テレビの本社が入居するカンテレ扇町スクエア1、3、4,5階にある児童向け科学館。

扇町公園に隣接し、ガラス張り、鏡張りの遊び心たっぷりのデザインは、扇町地区の新しい顔になりました。

5階の「やってみる階」では、昆虫の目を通して景色を眺めたり、ニュース番組作りを体験したりするなど

子どもたちの好奇心を刺激するコーナーがいっぱい。

4階の「あそぼう階」では、子どもの街を探検し、チューブスライダーで遊ぶことができます。

3階の「つくろう階」では創作体験やデジタル体験が大人気。

週末ともなれば1日中、子どもたちの歓声が絶えることのない親子連れに格好のスポットです。

◇住所:〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7

◇電話:06-6311-6601

◇時間:9:30~17:00

◇休日:第2、第3月曜日、年末年始

◇公式HP: http://www.kidsplaza.or.jp/

大阪駅周辺で泊まるなら、ここがおすすめ♪

出典:https://www.apahotel.com/hotel/kansai/13_osakahigobashi-ekimae/galleries.html

JR大阪駅周辺には魅力的な観光スポットがたくさんありますが、スポットを回ったあとはホテルでゆっくり休みたいはず。

そんなとき、おすすめしたい新都市型ホテルが「アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉」です。

「アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉」は、JR「大阪駅」から徒歩15分ほどですが、梅田の地下街から大阪メトロの四つ橋線に乗り、

「肥後橋駅」で降りれば、駅と直結しています。他に京阪電鉄「渡辺橋駅」からだと徒歩3分です。

客室は全850室。「シングル」、「セミダブル」、「ダブル」、「ツイン」、「デラックスツイン」、

「ジュニアスイート」の6タイプがあり、40型液晶テレビを全室に備えました。

通信速度とセキュリティ面で優れたWi-Fiと有線LAN接続による無料のインターネット環境を用意しています。

食事は2階にレストラン「バイキングレストラン ラ・ベランダ」、

30階にレストラン「ベトナム・フレンチレストラン チャオサイゴン」が営業しています。

「バイキングレストラン ラ・ベランダ」は和洋中の豊富なビュッフェ料理が選べ、朝食は60種以上のメニューをそろえています。

ランチビュッフェは30種類以上のメニューを用意、ディナーは飲み放題がついたコース料理があります。

関西フェアなど月替わりのフェア料理も好評です。

「ベトナム・フレンチレストラン チャオサイゴン」はベトナムのリゾートをコンセプトにした明るい店内で、

和洋食のバイキングを楽しめます。店イチオシのベトナム料理の代表格である「フォー」も食べ放題です。

旅先の疲れを癒やしてくれる大浴場は、ラジウム人工温泉で、宿泊者は無料で利用できます。

リラクゼーションサロンが3階にあり、マッサージを受けられるほか、長期滞在に宿泊者向けには

コインランドリーの洗濯機と乾燥機が設置されています。

チェックアウトの際はルームキーをロビーのフリーチェックアウトポストに入れるだけ。

忙しい朝でもバタバタする心配はありません。

大阪駅周辺でホテルを探すなら、「アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉」がおすすめです。

◇ホテル名:アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉

◇住所:〒550-0001 大阪市西区土佐堀1-2-1

◇電話(ナビダイヤル):0570-099-111

◇公式HP: https://www.apahotel.com/hotel/kansai/13_osakahigobashi-ekimae/