綾部市でおすすめのビジネスホテルをご紹介!福知山温泉が堪能できる!観光やビジネスに最適なホテル


出典:http://www.ayabe-kankou.net/img/224.jpg

旧丹波国の北端に当たる京都府北部の綾部市。

男性用肌着のグンゼ、大本教発祥の地と知られていますが、

古代から織物で発展してきた地域で、中でも絹織物が盛んな土地でした。

長い歴史を反映したスポットが多く、豊かな自然にも恵まれています。

そんな綾部市のおすすめの観光地を訪ねてみましょう。

目次

綾部市でおすすめのビジネスホテルをご紹介!福知山温泉が堪能できる!観光やビジネスに最適なホテル

  1. 君尾山
  2. あやべグンゼスクエア
  3. 黒谷和紙会館
  4. 安国寺
  5. 私市円山古墳公園
  6. 綾部市で泊まるなら、ここがおすすめ♪

君尾山

出典:http://www.ayabe-kankou.net/img/31.jpg

綾部市の東北、上林地区にあり、標高は582メートル。

秋から冬にかけ、山頂付近に登ると、丹波地方の山々が霧の中で海に浮かぶ島のように見えます。

君尾山名物の雲海です。朝日に照らされた雲海は、まるでさざ波が揺れているよう。

まさにここならではの絶景といえます。

比較的低い山ですから、登山は難しくなく、高齢者の姿が多いのも特徴。

中腹には聖徳太子が創建したと伝えられる光明寺があります。

鎌倉時代に建立された二王門は国宝に指定されています。

光明寺の近くには、樹齢2,000年といわれるトチの古木が立っています。

主幹の周囲10.4メートル、樹高23メートル。トチでは京都府一の巨木とされます。

◇住所:〒623-1132 京都府綾部市故屋岡町

◇電話:0773-42-9550(綾部市観光協会)

◇公式HP: http://www.ayabe-kankou.net/tourism/nature/kiminoosan.html(綾部市観光協会)

あやべグンゼスクエア

出典:http://www.ayabe-kankou.net/img/63.jpg

あやべ特産館、グンゼ博物苑、綾部バラ園の3施設で構成される都市交流拠点エリア。

あやべ特産館は地元の新鮮野菜や名産品の直売所で、カフェや観光情報案内所が併設されています。

グンゼ博物苑は綾部市で明治時代の1896年に創業したグンゼの資料館。

土蔵を博物館に改装し、グンゼの歩みがひと目で分かるようになっており、歴史資料や織機なども展示しています。

綾部バラ園は500人を超すボランティアの手で120種、1,200本のバラが育てられ、来園者の目を楽しませています。

高速道路のインターチェンジから5分の好立地で、観光時の休憩場所としてもぴったりです。

◇住所:〒623-0011 京都府綾部市青野町亀無1-2

◇電話:0773-43-0811(あやべ特産館)

◇時間:9:00~17:00

◇休日:毎週火曜日

◇公式HP: http://www.ayabe-gunze-square.com/

黒谷和紙会館

出典:http://www.kyoto-kankou.or.jp/sp/culture/?act=detail&id=217&r=ec6eb45d2139b297b11e3bb6ed30b334

綾部市の黒谷町と八代町は800年の歴史を持つ和紙の産地です。

綾部市の和紙は強くて破れにくく、長期保存に適した性質から、提灯や和傘、障子などの材料として重宝されてきました。

京都に近いこともあり、古くから京呉服に関連した値札や渋紙などに出荷され、京都の伝統産業を支える存在でもあったのです。

大正時代には政府から日本一強い和紙として認められ、乾パンを入れる袋に利用されていました。

和紙会館では、そんな綾部市の和紙の歴史を紹介するとともに、伝統の逸品を展示販売しています。

観光客向けには手すき体験が可能で、事前に予約すれば昔ながらの手法で和紙作りにチャレンジできます。

◇住所:〒623-0108 京都府綾部市黒谷町東谷3

◇電話:0773-44-0213(黒谷和紙協同組合)

◇時間:9:00~16:30

◇休日:土曜、日曜、祝日

◇公式HP: https://kurotaniwashi.kyoto/

安国寺

出典:http://www.ayabe-kankou.net/img/3.jpg

14世紀半ば、室町幕府初代将軍の足利尊氏によって建立されました。

尊氏の母上杉清子の実家が現在の綾部市で、尊氏出生の地という伝承が残っています。

境内に残るのは、尊氏夫婦と尊氏の母の墓のほか、尊氏が産湯に使ったとされる井戸。

尊氏の母はこの寺の地蔵菩薩に男子出産を祈願したと伝えられることから、

地元の人に子安地蔵として今も信仰されています。

本堂には尊釈迦三尊座像など国の重要文化財が多数、所蔵されています。

春は桜、秋は紅葉の名所としても知られています。

秋の紅葉シーズンには「安国寺もみじまつり」が催され、市内外から大勢の人が押し寄せます。

◇住所:〒623-0104 京都府綾部市安国寺町寺ノ段1

◇電話:0773-44-1565

◇時間:4~9月は8:00~18:00、10~3月は8:30~17:00

◇休日:無休

◇公式HP: http://www.ayabe-kankou.net/tourism/temple/ayabe-ankokuji.html(綾部市)

私市円山古墳公園

出典:http://www.ayabe-kankou.net/img/26.jpg

舞鶴若狭自動車道のトンネル上に府内最大の円墳をかつての姿で再現した史跡公園。

全長81メートル、高さ10メートルを誇ります。5世紀中ごろの古墳時代中期のもので、

当時由良川流域を支配していた王族の墓として築かれたと考えられています。

古墳の頂上部には約6万個の石が敷き詰められ、その周囲に約1,000体の埴輪が並んでいます。

一見すれば巨大な小山で、変形ピラミッドのようにも見え、不思議な感じが漂います。

公園の入り口から頂上までは歩いて10分ほど。頂上からは綾部の街が一望できます。

週末の夜はライトアップされ、よりいっそう幻想的な姿に生まれ変わります。

◇住所:〒623-0226 京都府綾部市私市町

◇電話:0773-43-1366(綾部市資料館)

◇公式HP: http://www.city.ayabe.lg.jp/bunkazai/kyoiku/kanko/koen/kisaichi.html(綾部市)

綾部市で泊まるなら、ここがおすすめ♪

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/kansai/15_r-inn-ayabe/

綾部市には、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

ここからは、綾部市に来た時に利用したいおすすめのビジネスホテルをご紹介します。

綾部市でおすすめの宿泊施設は「アールイン綾部」です。

「アールイン綾部」はJR山陽本線「綾部駅」から徒歩1分というアクセスが抜群の立地にあります。

車で来館の場合は舞鶴自動車道綾部ICから約5分で到着します。

ホテルには予約不要の無料駐車場が54台分あるので駐車の心配は無用です。ホテルの客室は全74室です。

客室タイプは「シングル」、「ツイン」、「デラックスツイン」の3タイプがあります。

数は少ないですが、禁煙ルームを設けており、タバコの臭いが嫌な方も快適に過ごせるよう配慮されています。

また女性専用ルームもあるので、女性だけでの宿泊も安心できます。

客室にはVODが利用可能な液晶テレビをはじめ、インターネット接続(LAN形式、Wi-Fi)にも対応しています。

加えて、アメニティも充実の品揃えで、何一つ不自由がありません。

ロビーにはレトロで可愛いデザインが印象的な綿貫宏介氏の作品が至る所に飾られています。

観ていると、その独特の世界観に引き込まれてしまいます。

作品をじっくりと観られるように、寛げるスペースが30席用意してあります。ちょっとした休憩や待合せの際にも便利です。

また、当ホテルに宿泊の方全員に福知山温泉の無料入浴券を配布しています。

福知山温泉まではホテルから車で15分の距離なので、ぜひ丹波の名湯と謳われる温泉を堪能してください。

もちろん、客室にも設備が整ったバスルームがあるので、ホテルでもしっかりと汗を流せますよ。

「アールイン綾部」は抜群の交通アクセスと客室設備・アメニティの充実度が魅力的なホテルです。

朝食時はホテル館内のレストランが営業しており、利便性の高さは随一です。

さらに、名湯の無料入浴券まで付いているので、とてもお得です。

綾部市を訪れる際は、ぜひ「アールイン綾部」を利用してみてください。

◇ホテル名:アールイン綾部

◇住所:〒623-0051 京都府綾部市井倉新町瓜田1番8

◇電話:0773-40-5000

◇アパホテル公式HP:https://www.apahotel.com/hotel/partners/kansai/15_r-inn-ayabe/