上司や家族に喜んでもらえる出張のお土産って?


出張に出かけると、いつもお土産は何にしようかと頭を悩ませてしまう方はいませんか?

会社の上司や同僚、部下、家族など、出張土産を渡す相手もさまざまですが、喜んでくれる出張土産とはどのようなものなのでしょうか?

そこで、あげる相手別におすすめのお土産や定番もの、買える場所など、出張土産にまつわる情報をご紹介します。

 

 

出張のお土産・・・何がいい?

出張のお土産といっても、あげる相手によって種類・量・金額などを選び分ける必要があります。

会社の上司、自分の所属する部署、夫婦や子どもが喜ぶお土産をそれぞれピックアップしてみました。

 

○上司

・ご当地限定品などのレアなもの

・現地で採れる海の幸などのお酒のおつまみ

・手が汚れにくいもの

・日持ちするもの

 

○部署(同僚・部下)

・王道の地方土産とトレンド土産の両方

・小分け包装のもの

・手が汚れにくいもの

・日持ちするもの

 

○家族

・ご当地限定のスナック菓子など

・おかずになるもの

・生もの(自宅に直接帰宅する場合)

 

上司や部署へのお土産は、できれば社内でも食べやすい日持ちするものや、手を汚さないものがベスト。

小分け包装タイプなら、そのまま配りやすく、もらった人も持ち帰りやすいでしょう。

王道のお土産だけでなく、真新しいトレンドモノも併せて選ぶようにすると話題の種にもなります。

家族へのお土産は子ども向けのスナック菓子などのほか、おかずになるものやロールケーキなどの生ものでもいいでしょう。

 

 

出張のお土産の定番は?

もしお土産選びに迷ったら、誰もが喜ぶ定番ものを押さえておくと間違いありません。

例えば、東京方面と大阪方面の王道土産には次のものがあります。

 

  • 東京方面への出張土産例

東京ばな奈、雷おこし、ひよ子、ごまたまご、ねんりん家のバームクーヘン、シュガーバターの木、ベルンのミルフィーユ、東京ラスク、麻布かりんとなど

 

  • 関西方面への出張土産例

岩おこしと栗おこし、堂島ロール、呼吸チョコ、みたらしとろとろ、たこぼん、マダム・ヨーコ、くいだおれ太郎プリン、八つ橋、阿闍梨餅など

 

 

出張のお土産を買うのにおすすめの場所

お土産を買える場所は、空港や駅構内の店、キオスク、ビジネスホテルのショップ、デパ地下、商店街のお土産ショップなど様々です。

その中でも、ビジネスホテルのショップではその土地の定番土産のほか、そこでしか買えないお土産を入手できることもあるのでおすすめです。

 

アパホテルでは、アパホテル社長がおすすめする本格派ビーフカレー「アパ社長カレー」を用意しています。ホテルフロントで購入することができ、レトルトカレーなのでお土産に最適です。

 

お土産選びは、渡す相手のことを考えて選ぶようにするとスムーズに選ぶことができるでしょう。