伊万里市でおすすめのビジネスホテルをご紹介!伊万里駅より徒歩1分のホテルをご紹介!


出典:https://www.pakutaso.com/20160850236post-8751.html

ヨーロッパの王侯貴族から「オールド・イマリ」と呼ばれて愛された磁器の伊万里焼。

その産地であり、積出港としてその名を知られたのが、佐賀県伊万里市です。

市内には磁器に関するさまざまな施設が設けられ、磁器作りを体験できるほか、観光名所となる豊かな自然もあちこちに残ります。

伊万里焼のふるさとでおすすめスポットをいっしょに回ってみましょう。

目次

伊万里市でおすすめのビジネスホテルをご紹介!伊万里駅より徒歩1分のホテルをご紹介!

  1. 伊万里・有田焼伝統産業会館
  2. 大川内鍋島窯跡
  3. 伊万里市陶器商家資料館
  4. 明星桜
  5. 松浦一酒造
  6. 伊万里市で泊まるなら、ここがおすすめ♪

伊万里・有田焼伝統産業会館

出典:http://www.city.imari.saga.jp/4483.htm

伊万里焼と有田焼は1977年、国の伝統工芸品に指定されました。

それを記念して1980年にオープンしたのが伊万里・有田焼伝統産業会館です。総合展示室で伊万里、

有田地区の窯元の作品が展示されているほか、江戸時代に作られた古伊万里などを紹介するコーナーも設けられています。

絵付け体験ができ、湯飲みや茶わん、マグカップにお好みの図柄を描くことができます。

6~8月の風鈴まつりの期間中は風鈴に絵付けができ、旅の思い出作りにもぴったり。

2~3月は磁器ひいなまつりが開かれ、館内に磁器製のひな人形が展示されます。

◇住所:〒848-0026 佐賀県伊万里市大川内町丙221-2

◇電話:0955-22-6333

◇時間:9:00~17:00

◇休日:年末年始

◇公式HP: http://www.city.imari.saga.jp/4483.htm(伊万里市)

大川内鍋島窯跡

出典:http://www.city.imari.saga.jp/2983.htm

江戸時代に佐賀鍋島藩が伊万里市大川内町一帯に整備した窯跡で、2003年に国の史跡に指定されました。

鍋島藩は江戸時代前期の1670年代、磁器の製造を殖産事業として育成し、大川内山に御道具山と呼ばれた御用窯を開設、

磁器の生産を始めました。

そこで作られた製品は鍋島焼と呼ばれて将軍や諸大名への献上品とされ、一般に流通することはありませんでした。

史跡内には御用窯跡のほか、御細工場跡、藩役宅跡、陶工屋敷跡などが広範囲に点在し、日本の窯業史、

美術史の貴重な資料とされています。

近くにある伊万里鍋島焼会館では、大川内の窯元の作品を展示、販売しています。

◇住所:〒848-0001 佐賀県伊万里市大川内町

◇電話:0955-23-7293(伊万里鍋島焼会館)

◇公式HP: http://www.imari-ookawachiyama.com/index.html(伊万里鍋島焼協同組合)

伊万里市陶器商家資料館

出典:http://www.city.imari.saga.jp/2943.htm

江戸時代の伊万里市は多くの陶磁器商が活躍しましたが、中でも有力だったのが犬塚家で、

伊万里焼などを江戸や大坂に運び出していました。

子孫から市に寄贈された商家を復元修理したのが、伊万里市陶器商家資料館です。

建物は江戸時代末の1825年建築。間口5.5メートル、奥行き14.8メートルのウナギの寝床のような細長い構造で、

屋根は切妻造りの本かわらぶきに仕上げました。

外観は白壁の土蔵造りで、江戸時代の風情を感じられます。

当時扱っていた陶磁器や調度品などが展示され、陶磁器商の繁栄と豊かな暮らしぶりをうかがえます。

◇住所:〒848-0047 佐賀県伊万里市伊万里町甲555-1

◇電話:0955-22-7934

◇時間:10:00~17:00

◇休日:毎週月曜日、年末年始

◇公式HP: https://www.asobo-saga.jp/search/detail.html?id=226(佐賀県観光連盟)

明星桜

出典:http://www.city.imari.saga.jp/2991.htm

浦川内地区の観音堂境内にある一重サクラの古木。樹高13メートル、根回り5メートル、枝張り東西20メートル、

南北15メートルに及びます。

幹回りは11.4メートルで、環境省の巨樹・巨木調査でサクラの部の日本一に選ばれました。

そこから幹回り2メートルの主幹4本が分岐し、春になると見事な花を咲かせます。

900年ほど前に京都の壬生からサクラを持ち帰ってこの地に植えたという伝承があり、開花時期に幹の下で火をたくと、

花びらが火に映えて明星のように輝くとしてこの名がついたといわれています。

圧倒的な存在感は抜群で、伊万里市の春の名物です。

◇住所:〒848-0001 佐賀県伊万里市東山代町浦川内5343

◇電話:0955-23-2110(伊万里市観光課)

◇公式HP: http://www.city.imari.saga.jp/2991.htm(伊万里市)

松浦一酒造

出典:http://www.matsuuraichi.com/

江戸時代の1716年創業の老舗酒造会社ですが、目玉は併設されている資料館に展示された河童のミイラです。

体長は約70センチ、頭蓋骨が皿のようにくぼみ、背中は甲羅のような16個の骨が突起しています。

河童にようにも見えますし、動物の骨を寄せ集めた人工物とも思え、不思議な感じに包まれるミイラです。

1953年に母屋の屋根をふき替え中、梁の上に置かれた黒い箱が見つかりました。

中にあったのがこのミイラで、箱には河童を意味する「河伯」の文字があったそうです。

蔵元の田尻家はもともと、筑後国田尻村(現福岡県みやま市)の豪族でした。

田尻村は河童の伝説が多い土地だけに、本物かどうかその目で確認してみてはいかがでしょうか。

◇住所:〒849-4251 佐賀県伊万里市山代町楠久312

◇電話:0955-28-0123

◇時間:9:00~17:00

◇休日:無休

◇公式HP: http://www.matsuuraichi.com/

伊万里市で泊まるなら、ここがおすすめ♪

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/kyusyu/central_hotel_imari/

伊万里市には、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

ここからは、伊万里市に来た時に利用したいおすすめのビジネスホテルをご紹介します。

伊万里市でおすすめの宿泊施設は「セントラルホテル伊万里」です。

「セントラルホテル伊万里」は、JR筑肥線「伊万里駅」から徒歩1分の距離にあります。

駅に降りたら、目の前がホテルです。ビジネス・観光の際の大荷物を抱えての移動がとても楽になります。

また、車でお越しの場合は、九州道・武雄北方ICから30分でホテルに到着します。

ホテルには80台分の無料駐車場があり、しかも大型バスも駐車可能なので、車での来館も安心です。

ホテルの客室は、全203室あります。部屋タイプは、「シングル」と「ツイン」から選択できます。

客室内は、シンプルで落ち着いた空間ながらも、機能的で快適に宿泊できます。

有料ですが、VODルームシアターが利用でき、退屈な時に便利です。宿泊プランは、さまざまなニーズに合わせて、

多種多様なものが用意されています。

中でも、長期滞在予定のビジネスマンに嬉しいマンスリープランは、とても好評です。

朝食は無料で、ホテル1階の「グリーンピア」にて頂けます。

パンやご飯、サラダ、みそ汁、スープなどボリューム満点の料理がバイキング形式で提供されています。

6:00~9:15までオープンしており、朝の出発が早い方でも、充分に食べる時間をもてるよう配慮されています。

ホテルの館内施設の中には、マンガコーナーがあります。

マンガタイトルが豊富で、1,000冊以上の蔵書があり、ちょっとした暇つぶしをしたい時におすすめです。

また、自動販売機やコインランドリーが複数階に設置してあり、とても便利です。

「セントラルホテル伊万里」は、アクセルの良好な立地と豊富な宿泊プランがあり、ビジネス・観光の拠点として最適です。

マンガコーナーなどの宿泊を退屈させない心配りが随所に見られ、気持ちよく宿泊ができます。

伊万里市を訪れる際は、ぜひ「セントラルホテル伊万里」を利用してみてください。

◇ホテル名:「セントラルホテル伊万里」

◇住所:〒848-0041 佐賀県伊万里市新天町字浜ノ浦549-17

◇電話番号:0955-22-0880

◇アパホテル公式HP: https://www.apahotel.com/hotel/partners/kyusyu/central_hotel_imari/