えびの市でおすすめのビジネスホテルをご紹介!24時間入浴できる天然温泉


出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/shared/digilib/images/ebino8.jpg

宮崎県の南西部、鹿児島県との境にあるのがえびの市です。

南部は霧島山とえびの高原という火山性高原で形成され、のどかな山村風景が続きます。

市の中心部がある加久藤盆地には温泉が湧き、多くの歴史遺産を抱えています。

美しい山々と昔ながらの田園が広がるえびの市のおすすめ観光スポットを案内しましょう。

えびの高原

出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/system/images/photo/518.jpg

宮崎、鹿児島両県にまたがる霧島錦江湾国立公園の北部に位置し、豊かな自然が残る土地です。

標高1,700メートルを誇る霧島連峰の最高峰韓国岳(からくにだけ)など、大小さまざまの山がすそ野を広げ、

不動池など多くの火山湖が点在します。

ハイキングや登山の名所として知られていますが、霧島連峰にだけ自生するバラ科の植物ノカイドウ、

ツツジの一種のミヤマキリシマ、オオヤマレンゲ、夏椿など花が見もので、

山々を色とりどりの花が彩る景色はまさにここならでは。

野生のシカも多数生息し、その鳴き声が「日本の音風景百選」に選ばれました。

秋は紅葉が山々を赤く染め、火山湖の水と絶妙のコントラストを見せてくれます。

◇住所:宮崎県えびの市

◇電話:0984-33-3002(自然公園財団えびの支部)

◇公式HP: http://ebino-kankou.com/sightseeing/ebinokogen.html(えびの市観光協会)

えびのエコミュージアムセンター

出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/shared/digilib/images/ebino5.jpg

霧島錦江湾国立公園、霧島ジオパークのビジターセンターで、標高1,200メートルの韓国岳の中腹に設けられ、

近くに韓国岳の登山口があります。

館内では霧島連峰の自然や歴史の見どころ、日本の国立公園をパネルや映像、標本で紹介しています。

1階のレクチャールームは噴火の際の緊急避難室。

2階には展望室が設置され、目の前にそびえる韓国岳や硫黄山の姿を眺められます。霧島連峰は活火山。

火山性ガスの噴出などで立ち入り規制されることもありますが、そうした情報も入手することができます。

ドライブの途中で立ち寄り、霧島連峰について学ぶのにも、うってつけの場所です。

◇住所:〒889-4302 宮崎県えびの市末永1495-5

◇電話:0984-33-3002

◇時間:9:00~17:00

◇休日:無休

◇公式HP: http://www.ebino-ecomuseum.go.jp/

六観音御池

出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/ebino/kanko/11333.html

湖水は青い絵の具を流したような鮮やかなコバルトブルー。

数あるえびの高原の火山湖の中で最も美しいといわれているのが、六観音御池です。

湖の直径440メートルで、深さは14メートル。強い酸性の水質が青い水の色を作っているとされます。

周囲はツガやアカマツ、モミの林に囲まれ、北の湖畔に六観音堂があります。特に美しい景色を見せるのが秋。

赤く色づいた広葉樹の葉が青い湖面に映り、錦絵のような鮮やかさで見る者の目を引きつけます。

九州を代表する写真撮影の好スポットといわれるのも、うなずけるところです。

えびの高原駐車場から散策路が通り、池を望む展望台が整備されています。

◇住所:〒889-4302 宮崎県えびの市末永

◇電話: 0984-33-3002(えびのエコミュージアムセンター)

◇公式HP: http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=120824111942(えびの市)

グリーンパークえびの

出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/system/images/photo/538.jpg

コカ・コーラウエストのえびの工場で、予約なしに無料で工場見学ができます。

コカ・コーラの最新鋭製造設備や製品ができるまでの過程を窓越しに見ることができ、子どもたちの自由研究にぴったり。

見学が終わると、コカ・コーラ製品を1本もらうことができ、ラウンジでくつろげます。

コーク館には古い自動販売機やポスターを集めたコカ・コーラのコレクションギャラリーが展示されているほか、

屋外には東京ドーム1個分の広さを持つ花畑、地域のスポーツイベントに利用される芝生広場、

再生レンガ使用の遊歩道などが整備され、休日を丸1日のんびりと過ごすことができる場所です。

◇住所:〒889-4244 宮崎県えびの市東川北字有留1321-1

◇電話:0984-25-4211

◇時間:9:30~17:00

◇休日:毎週月曜日、年末年始

◇公式HP: http://www.minami-kyushu.ccbc.co.jp/ebino/index.php

毘沙門の滝

出典:http://www.kanko-miyazaki.jp/system/images/photo/2745.jpg

江戸時代前期の延宝年間(1673~1681年)にこの場所にあった毘沙門寺から命名された滝で、

深い緑と切り立った岩の間から勢いよく水が噴き出し、周囲を幻想的な雰囲気にします。

滝の水は7キロ上流の熊本県境に源を発する川内川の支流鉄山川のもので、永野原と柊野原の間を流れています。

滝の近くに鉄製の展望台があり、苔むした岩の向こうに毘沙門の滝が見えます。

滝の上は約1キロにわたる自然林の中に遊歩道が整備されています。

この辺りはミニ高千穂峡と呼ばれ、奇岩や巨岩が重なり合う風景を眺めることができます。

◇住所:〒889-4344 宮崎県えびの市大河平

◇電話:0984-35-3838(えびの市観光協会)

◇公式HP: http://www.city.ebino.lg.jp/display.php?cont=121030164732(えびの市)

えびの市で泊まるなら、ここがおすすめ♪

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/kyusyu/26_kyoukan/

えびの市には、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

ここからは、えびの市に来た時に利用したいおすすめのビジネスホテルをご紹介します。

えびの市でおすすめの宿泊施設は「京町観光ホテル」です。

「京町観光ホテル」は、JR吉都線「京町温泉駅」から徒歩5分の距離に位置しています。

車でお越しの場合は、九州自動車道えびのICから5分です。

また、ホテルから高速を利用して宮崎空港へは1時間、鹿児島空港へは40分で到着します。

どの公共交通機関からでも、ホテルへのアクセスが抜群に良く、ビジネス・観光の拠点に最適です。

ホテルには無料の駐車場が50台分あります。先着順ですので、事前予約は不要です。

ホテルの客室は全36室です。部屋タイプは「シングル」「新館シングル」「ツイン」「和洋室」があり、

人数・用途に合わせて選べます。

全客室でインターネット接続に対応しており、冷蔵庫、液晶TV、温水洗浄便座などの備品がしっかり備わっています。

また、各種アメニティ類も揃っており、快適な宿泊をサポートしてくれます。

ホテルには掛け流しの天然温泉があります。

風情のある露天風呂と広々とした大浴場、家族風呂が用意してあり、身体の芯から温まってリラックスできます。

客室にお風呂がない代わりに、大浴場と露天風呂は24時間利用可能です(別途、入浴税として150円がかかります)。

家族風呂は1時間の貸し切りが可能なので、周りの目を気にすることなく、家族や友人と心置きなくお湯につかれます。

また、ホテルには80名収容可能な宴会場や、自動販売機、電子レンジコーナー、FAX/コピーコーナーなど

設備やサービスが充実しています。

フロントでは、無料で加湿器や電気スタンド、アイロンなどの貸し出しを行っており、気軽にリクエストができます。

「京町観光ホテル」は、交通アクセスが非常に良く、掛け流しの天然温泉が魅力的なビジネスホテルです。

加えて、ビジネスマンから観光の家族連れまで幅広い客層のニーズにマッチしたサービスを提供してくれます。

えびの市を訪れる際は、ぜひ「京町観光ホテル」をぜひ利用してみてください。

◇ホテル名:「京町観光ホテル」

◇住所:〒889-4151 宮崎県えびの市大字向江669番地

◇電話:0984-37-1231

◇アパホテル公式HP: https://www.apahotel.com/hotel/partners/kyusyu/26_kyoukan/