岡山でおすすめのビジネスホテルをご紹介!1日の活力に、無料朝食付き


出典:http://lovefreephoto.jp/blog-entry-2270.html

岡山市は瀬戸内海に面し、個性的な観光スポットが豊富なエリア。
東海道・山陽新幹線や高松空港を利用して、空と陸どちらからもアクセスが可能です。
今回は、そんな岡山市のオススメ観光スポットと、無料朝食のサービスがあるうれしいビジネスホテルを紹介します。

岡山後楽園

出典:http://www.okayama-korakuen.jp/history/

岡山後楽園は日本三名園のひとつです。特別名勝にも指定された園内は、江戸時代の面影が今も色濃く残ります。
作られたのは、今から約300年前。全体面積は144,000平方メートルと、広大な面積を持つ庭園です。
園内には、約20もの観光スポットがあり、能の舞台であった「栄唱の間」や「廉池軒」といった歴史的建築物のほか、
茶畑やハナショウブ畑などの自然も楽しめます。
後楽園内に植えられている植物は多種多様で、季節ごとに庭園の姿も変わります。
春は、約50本植えられたソメイヨシノの林や、ヤエベニシダレのほか、色とりどりのツツジ、ボタン。夏にはサツキやハナショウブ、
秋はツバキやサザンカ、冬はウメやロウバイなど、春夏秋冬の花が咲き、庭園を美しく彩ります。
どのシーズンに訪れても楽しめる観光スポットです。
◇住所: 〒703-8257 岡山市北区後楽園1-5
◇電話番号: 086-272-1148(後楽園事務所)
◇開園時間:
3月20日~9月30日7:30~18:00(入園は17:45まで)
10月1日~3月19日8:00~17:00時(入園は16:45まで)
※行事開催により開・閉園時間を変更することがあります。
◇休園日:年中無休
◇公式HP: http://okayama-korakuen.jp/

岡山城(烏城)

出典:https://www.photo-ac.com/main/detail/295864?title=%E5%B2%A1%E5%B1%B1%E5%9F%8E%E3%80%80%EF%BC%91&selected_size=s

岡山城は豊臣秀吉の時代である1597年に建築された城。
漆塗りが施された漆黒の外壁を持つ特徴的な外観から、烏城とも呼ばれています。
岡山城の天守閣は地下1階から6階まであり、それぞれの階で岡山城の歴史を紹介する資料が展示されています。
また、6階からは、岡山市の景色が一望できます。広大な後楽園と岡山市の街並みが広がる、美しいパノラマビューです。
当時の人々がどのような生活をし、どのような景色を見ていたのかが、体験できる場となっています。
1階に行くとお土産・お食事処・備前焼工房があります。
茶店には岡山城名物の「お城パフェ」「珈琲ぜんざい」があり、観光客に人気です。
備前焼工房は、備前焼の土ひねり体験ができる施設です。
館内にある体験施設は、体験時間が決まっているため、利用する際には確認しておきましょう。
◇住所: 〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
◇電話番号: 086-225-2096(岡山城事務所)
◇開園時間: 9:00~17:30(入館は17:00まで)
◇休園日: 12月29・30・31日
◇公式HP: https://okayama-kanko.net/ujo/index.html

倉敷美観地区

出典:https://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=1007&sel_data_kbn=0

倉敷美観地区は岡山駅から電車や車で40分ほどの距離にあります。
江戸幕府の直轄領である「天領」として栄えた地で、現在もその景観が残されている地区です。
メインストリートである倉敷川沿いの道は、柳並木になっており、まるでタイムスリップしたかのよう。
歴史の息吹が感じられる、白壁や格子窓のある家々の間には、雑貨店や喫茶店、ギャラリーなどのモダンな建物が入り混じっています。
倉敷美観地区には、モネの「睡蓮」など、世界的名画が展示されている「大原美術館」や、
倉敷紡績所工場の跡地を開発した「倉敷アイビースクエア」などの文化的施設が豊富です。
また、倉敷はデニムが有名で「倉敷デニムストリート」という道があります。
デニムストリートは変わったグルメが盛りだくさんのエリア。
デニムの色を模した、青色の「デニムバーガー」や「デニムマン」「デニムソフト」などが販売されています。
訪れた際には、ぜひデニムグルメを食べてみてください。
◇住所: 〒710-0054 岡山県倉敷市本町
◇電話番号: 086-426-3030(倉敷市コールセンター)
◇公式HP: https://www.kurashiki-tabi.jp/

吉備津神社(きびつじんじゃ)

出典:https://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=1107&sel_data_kbn=0

吉備津神社は大吉備津彦大神を祭る山陽道屈指の大社。
昔話で有名な桃太郎伝説の由来とも言われている、温羅(うら/おんら)退治の舞台にもなった神社です。
室町時代の「比翼入母屋造り」で建てられた社殿は、全国で唯一の造りとして「吉備津造り」と言われ、国宝になっています。
また、県指定重要文化財である、約400メートルの長さの回廊があります。
美しい曲円を描いて本殿と本宮社をつなぐ回廊は、訪れたら一度は歩きたいスポットです。
吉備津神社には「鳴釜神事」という独特の神事があることも特徴です。釜を火にかけて、鳴った音で吉凶を占います。
鳴釜神事は希望すれば占ってもらえますが、受付は14時ごろまでとなっているため、神事を希望の際には早めの受付がオススメです。
また、神事は金曜日が休みになるため、希望する場合は曜日をチェックしていきましょう。
◇住所: 〒701-1341 岡山県岡山市北区吉備津931
◇電話番号: 086-287-4111(吉備津神社)
◇公式HP: http://www.kibitujinja.com/

最上稲荷(さいじょういなり)

出典:https://www.okayama-kanko.jp/modules/kankouinfo/pub_kihon_detail.php?sel_id=1189&sel_data_kbn=0

最上稲荷は京都・伏見と並ぶ日本三大稲荷に数えられています。
神社と間違えがちですが、正式名称は「最上稲荷山妙教寺」というお寺。縁切り、縁結びができる神様です。
最上稲荷のシンボルになっているのが、大鳥居です。
1972年に建てられた鳥居は、高さ27.5メートル、柱の直径は4.6メートルで、最上稲荷の玄関口となっています。
遠くからでも目立ち、どっしりとした重量感がある巨大な鳥居です。
駐車場から最上稲荷へ行くまでの参道には、土産物店、旅館、喫茶店など約50店もの店舗が並ぶ門前町があります。
名物は「ゆずせんべい」「ご縁まんじゅう」「稲荷まんじゅう」。ぜひ食べてみてください。
昔ながらの昭和レトロな店舗が軒を連ねており、通るだけでも面白い参道です。
◇住所: 〒701-1331 岡山県岡山市北区高松稲荷712
◇電話番号: 086-287-3700(代)
◇公式HP: http://www.inari.ne.jp/

岡山に泊まるならここがオススメ♪「ホテルたちばな」

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/chugoku/07_hotel-tachibana/

魅力的な観光スポットが多い岡山市は、宿泊して満喫したいエリア。
そこで、岡山市のオススメビジネスホテルを2件紹介します。1つめに紹介するホテルは「ホテルたちばな」です。
「ホテルたちばな」は岡山県の国道2号線、青江交差点から車で2分、山陽新幹線岡山駅からはタクシーで約15分の立地にあります。
全室にインターネットが完備されており、24時間無料で使用可能。またWi-Fiにも対応しており、
ビジネスでインターネットを使用したり、観光でどこに行きたいか困ったりした場合にもサッと使えて便利です。
そのほか「ホテルたちばな」では無料貸し出し品が充実しています。
爪切り、ひげそり、コミック・雑誌、レンタル自転車などバラエティに富んだ貸し出し品が用意されているため、
持ち物も最小限で済ませられるのがうれしいところ。
館内にはコインランドリーや会議室、クリーニング、コピー機などの施設もあります。
また、のどが渇いたときにすぐに飲めるドリンクサービスや、「朝食をどうしよう」と困る心配がない朝食無料で
サービスがあるのも特徴。ドリンクは清流旭川脇の地下水で、やわらかい口当たりの良質な天然水です。
また朝食には、パン・ドリンク・卵・サラダ・スパゲティなどが食べられます。
部屋は浴室とパウダールームが独立しているため、ユニットバスが嫌いという方でも安心。ゆっくりと湯につかれます。
部屋のタイプは、シングルや、ツイン、トリプルまであるので、ビジネスや観光などさまざまな用途に使用可能です。
「ホテルたちばな」は充実した設備のあるホテルです。岡山市でビジネスホテルを探している場合は、ぜひ参考にしてください。
◇ホテル名:「ホテルたちばな」
◇住所:〒700-0856 岡山県岡山市北区十日市西町7-43
◇電話番号: 086-233-0808
◇【公式】アパホテルHP:https://www.apahotel.com/hotel/partners/chugoku/07_hotel-tachibana/

岡山に泊まるならここがオススメ♪「アパホテル〈岡山駅東口〉」

出典:https://www.apahotel.com/hotel/chugoku/05_okayamaeki-higashiguchi/

「アパホテル〈岡山駅東口〉」は岡山県の交通の要であるJR山陽新幹線・山陽本線「岡山駅」から徒歩6分という好立地にあります。
岡山でのビジネス・観光の拠点として最適です。
「アパホテル〈岡山東口〉」は設備・サービスが充実しています。
全室32型の大型液晶テレビを完備しており、VODアパルームシアターを1泊1,000円で利用できます。
プレミアムルームに至っては、全室40型の大型液晶テレビを完備しています。全室有線・無線LANが無料で接続可能なので、
客室でネットサーフィンやパソコンでの仕事もできます。
また館内施設も充実しています。会議室は70名近くを収容できる大会議室から、20数名程度の小会議室まで揃っています。
会議室の内装がゴージャスなので、来賓を招いての小パーティーにもってこいです。
その他に長期滞在にうれしい洗濯機・乾燥機が各3台用意してあります。
着替えを少なめに、コンパクトな荷物でビジネス・観光を行えます。
朝、お腹がすいたときは、レストランでバイキングを。シェフが厳選した食材で作った約30種類もの和洋料理を堪能できます。
ボリュームのあるバイキングですが、とてもリーズナブルで当日料金1,050円です。
活力を補給するためにも、ぜひ美味しいレストランを利用してください。
「アパホテル〈岡山駅東口〉」は設備・サービス・立地のどれをとっても満足のホテルです。
岡山市でビジネスホテルを利用する際は、参考にしてください。
◇ホテル名:「アパホテル〈岡山駅東口〉」
◇住所:〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1-3-12
◇電話番号:086-236-3111
◇【公式】アパホテルHP:https://www.apahotel.com/hotel/chugoku/05_okayamaeki-higashiguchi/