出張時に重宝するWi-Fiの利用方法5選


出張時は、移動中やビジネスホテルの部屋にいるときなど、

必要に応じてすぐにノートパソコンやタブレットやスマートフォンでネット接続できるWi-Fi環境があれば嬉しいものです。

しかし、いざ利用しようとすると、やり方が分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、出張先でWi-Fiを利用できるシーンや利用方法を5つご紹介します。

 

出張時に欠かせないWi-Fiってそもそも何?

 

Wi-Fiとは、いわゆる「無線LAN」のことです。

ネットワークにアクセスして、パソコンやスマートフォンなどの子機へのインターネット接続を行う親機や、そのネットワーク自体を指す場合もあります。

出張先でも気軽にインターネットに接続できる方法の一つです。

 

基本的には、プロバイダ契約をした無線LAN対応のルータが近くにある場合や、公衆無線LAN、Wi-Fiスポットなどの場所であれば、Wi-Fiの子機を接続することができます。

 

Wi-Fiの利用方法5選

 

では、このWi-Fiを出張中に利用する方法を5つご紹介します。

 

1.モバイルWi-Fiルータを持参する

事前にプロバイダに契約し、モバイルWi-Fiルータを手に入れて出張先に持参すれば、プロバイダに接続できる場所ならインターネットに接続することができます。基本的に利用場所を選ばないので、最も便利な方法といえます。

 

2.ビジネスホテルのロビーでWi-Fi接続サービスを利用する

最近では、ビジネスホテルのロビーで、Wi-Fi 無料接続サービスを提供しているところも増えてきました。チェックイン前やチェックアウト後、仕事の合間などに気軽に利用できます。

 

3.ビジネスホテルの客室内でWi-Fi接続サービスを利用する

ビジネスホテルによっては、客室内でも無料でWi-Fi接続が利用できるところもあります。または、Wi-Fi機器のレンタルを行っていることもあります。

いずれにしても、客室内でサクサクとインターネットが利用できるというのは非常に便利です。

 

4.ビジネスホテルの客室で有線LANをWi-Fi化する

すべてのビジネスホテルでWi-Fi接続サービスがあるわけではありません。

古いタイプのビジネスホテルでは、有線LAN環境が客室に用意されている場合も多いでしょう。この場合は小型Wi-Fiルータを持参して、LANケーブルで有線LANと接続して使うことができます。

 

5.カフェやレストラン、空港などのWi-Fiスポットを利用する

出張中に訪れるカフェ、レストラン、空港、駅構内などにはWi-Fiが無料で利用できるサービスが提供されていることがあります。Wi-Fi1回の利用は、30分から1時間程度と時間が限られていることもありますが「急な調べ物が必要になった」「すぐに先方にメールを送らなければならない」などといった緊急時に重宝しそうです。

 

アパホテルでも全客室およびロビーでWi-Fiを完全無料で利用できます。

出張中にWi-Fiを使いこなしてビジネスを円滑に進めましょう。

 

アパホテルでは全客室およびロビーにWi-Fi接続サービス(無料)を導入しています