出張中にビジネスホテルで効率良く洗濯する方法


出張中(特に長期出張)は、になると、どうしても衣類がかさんでしまいがち。少しでも荷物を減らすためには、出張先で小まめに洗濯をすることを前提に、必要最低限の衣類を持って行くのがポイントです。

しかし「出張先でどうやって洗濯すればいいのか」「洗濯するのは面倒でお金もかかりそう」と思っている方は多いことでしょう。

そこで、出張中により効率的かつ安価に手早く洗濯する方法をご紹介します。

 

出張中の洗濯方法

 

出張中の洗濯方法には、コインランドリー、ビジネスホテルのクリーニングサービスなどを利用するという方法があります。

最も一般的で安価で済むのは、コインランドリーでしょう。ビジネスホテルによっては、共同のランドリーコーナーが用意されており、

洗濯機や乾燥機をそれぞれ1回200円~300円で利用することも可能です。

 

また、ビジネスホテルによってはクリーニングサービスが提供されていることもあります。

例えば、ホテルのフロントに朝の指定時刻までに洗濯物を出せば、当日の夕方頃には洗濯されたものを受け取ることができます。

クリーニングサービスは一日中仕事で外出していて、洗濯まで手が回らないという場合におすすめです。

  

手洗いのすすめ!

 

下着や靴下、ハンカチ類などは、ビジネスホテルの部屋の洗面所やシャワールームで手洗いすれば、費用を抑えることができます。

ぜひ手洗い用洗剤や、浸け置き用洗剤を持参しましょう。また、洗面所のシンクで浸け置き洗いをするために、栓を持参するというのもおすすめです。

 

手洗いの方法は以下の通りです。

  • 洗面台のシンクに水かぬるま湯をためて、洗剤を少量入れる
  • 洗濯物を10回程度もみ洗いする
  • 泡がなくなるまで、洗濯物を押しながらすすぎ洗いする

手洗いだけでも、十分に汚れが落ちてきれいになります。

  

部屋干しで加湿効果も!

 

手洗いをした後や、コインランドリーで乾燥機を使わなかった後などは、部屋干しする必要があります。

ビジネスホテルの部屋に備え付けのハンガーを利用するのでもいいですが、携帯用のハンガーや洗濯ロープなどもあるので、ぜひ持っていくようにしましょう。

 

ビジネスホテルの部屋は乾燥することが多いので、部屋干しをすることで加湿器のような働きをしてくれます。

「部屋が乾燥気味で居心地がよくない」という場合にも、部屋干しがおすすめです。

 

また、衣類は乾きやすい綿混の衣類などを選んで持っていくと、早く乾くので便利ですし、雑菌がついて嫌なにおいが出るリスクも回避できます。