ビジネスホテルのシングル、ダブル、ツインの違いと選び分けのコツ


ビジネスホテルを予約するときに、シングルやダブルやツインなど、部屋のタイプに違いがあった場合、どのように選んでいますか?

「できるだけ安くしたいので、決まってシングルを選んでいる」という方も、ダブルやツインの部屋の特徴を知ると利用したくなるはずです。

 

シングル、ダブル、ツイン・・・どう違うの?

 

ビジネスホテルの客室の種類といえば、シングル、ダブル、ツインが代表的。

シングル(横幅100cm前後が一般的)は、シングルサイズのベッドが一台置かれた一人用の部屋です。

これに対して、ダブル(横幅140cm前後が一般的)はダブルベッドが一台置かれた、二人用の部屋。

そしてツインは、ベッド2台の二人用の部屋。ツインの場合、ベッドはシングルベッドであることがほとんどです。

 

欧米では体格に合わせて、ツインであってもダブルベッドが置かれていることもありますが、日本ではほとんどの場合シングルベッドが主流です。

「シングルベッドでは狭い」という方向けに、セミダブルベッドを備えたセミダブルルームや、セミダブルシングルルームなどが用意されているビジネスホテルもあります。 

 

シングルとダブル、ツインとダブルどっちがいい?選び分けのコツ!

 

一人の出張でビジネスホテルに宿泊する場合、ベッドが一台のシングルに泊まるのが通例ですが、体格の大きい人や、狭いベッドでは寝付けない場合にはセミダブルやダブルを予約するようにしましょう。

 

二人の場合には、基本的にツインルームがいいですが、ダブルのほうが多少料金が下がるので、家族や友人などと一緒でも抵抗がないのであれば、ダブルにしてもいいでしょう。

 

また、それぞれの部屋タイプだけではなく、部屋の設備の充実度にも着目しましょう。

アパホテルの場合、ダブルルームのテレビやベッドを他の部屋よりも大きくし、設備を充実させています。設備をより優雅に使用したい場合には、ダブルを選ぶ価値があります。

 

料金は「一室」or「一人」? 必ず確認しよう!

 

複数人で宿泊する場合、料金の単位が「一室」なのか「一人」なのかは、ホテルによって異なります。例えば、ツインルームで一室5,000円の場合と、一人5,000円という場合とでは、倍も差があります。

見落としがちな点なので、よく確認してから予約するようにしましょう。

また、部屋は喫煙か禁煙かどうかも決まっていることもあるので、こちらもよく確認しておくことをおすすめします。

 

シングル、ダブル、ツインの部屋をうまく選び分けて、快適な出張の旅を実現しましょう!