岡崎でオススメのビジネスホテルをご紹介!美味しいバイキング朝食が楽しめます!


出典:http://okazaki-kanko.jp/gallery/659.html

岡崎市は、愛知県のほぼ中央に位置し、歴史的な建造物や自然遺産を有する歴史と文化の街です。
岡崎市を代表する「岡崎城」は、あの徳川家康が生まれた場所です。そのため徳川ゆかりの地が街の中に数多く点在しています。
市内には清流が流れ、美しい景観を創り出しています。
江戸時代には東海道の宿場町として栄え、古くから交通の要衝として発展してきました。豊橋駅から岡崎駅までは電車で約20分、
名古屋駅からは約30分でアクセスできます。
岡崎と言えば、徳川家康と共に「八丁味噌」の生産地としても知られています。実は「八丁味噌」は、岡崎城から西へ
八丁(約870メートル)のところにある味噌蔵で造られていたので「八丁味噌」の名が付いたと言われています。
現在、八丁味噌を造っている会社は日本で二つしかなく、その2つの蔵はいずれも岡崎市にあります。
愛知県のソウルフードである味噌を使った料理は、この岡崎が創った味と言っても過言ではありません。
そんな伝統の街・岡崎市のオススメスポットを紹介します。

岡崎城・岡崎公園

出典:http://okazaki-kanko.jp/gallery/648.html 

徳川家康・出生の地。岡崎市のシンボルです。徳川家康はここ「岡崎城」を拠点に天下統一への基礎を固めていきました。
城郭の大部分は明治時代の初期に取り壊されてしまいました。しかし、天守閣がないのはしのびないと、市民の声が集まり、
昭和34年(1959年)に天守閣が復元されました。現在の天守閣の外観は、ほぼ昔と同じ様子です。
徳川家康も見たであろう立派な天守閣は、岡崎に訪れる人たちを魅了しています。天守閣は200円(一般)で登ることができ、
東側からは岡崎市の中心部を一望できます。岡崎城の周囲は「岡崎公園」として整備されています。
「三河武士のやかた家康館」を中心に岡崎城の歴史を感じられるスポットとなっていますので、ぜひ散策してみてください。
岡崎公園は「日本の都市公園100選」や「日本のさくら名所100選」に選ばれています。
春のシーズン中は桜まつりが開催され、多くの見物客で賑わいます。

◇住所:〒444-0052愛知県岡崎市康生町561番地1
◇開館時間:9:00~17:00まで(入館は16:30まで)
◇公式HP: http://okazakipark.com/

わんわん動物園

出典:http://ameblo.jp/peacechild110/entry-11782481159.html

色々な種類の犬たちと触れ合える、犬好きにはたまらないスポットです。
園内には大型犬・小型犬問わず450頭のワンちゃんたちがいて、様々なイベントが開催されています。
「ふれあいコーナー」は開放的な屋外スペースと、全天候型の屋内スペースがあります。
全身がドレッドヘアのようなハンガリーの超珍犬種「プーリー」など、ペットショップではまず見られないような犬もたくさんいます。
人気のチワワを部屋で独り占めできる「チワワのおうち」というものもあります。
「わんわん動物園」では、犬たちによる季節に合わせたファンタジックなステージショーが用意されています。
毎日開催されている定番の「わんわんレース」は大人気企画です。
おうちで犬を飼っている人は、園内に用意されている広場やアトラクションで、ワンちゃんと一緒に楽しむことができます。
そんなに犬好きじゃない人も、ここに行けばあまりの可愛さにきっと犬好きになるはずです。
◇住所:〒444-0007 愛知県岡崎市大平町川田46-1
◇営業時間:10:00~17:00
◇公式HP:http://wwzoo.com/

八丁味噌の郷

出典:http://nk.xtone.jp/archives/hachomiso-no-sato-shiryokan.html

岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離にあることからその名が付けられた「八丁味噌」。
旧東海道を挟んで向かい合った2軒の老舗「まるや」と「カクキュー」が伝統製法を守り、現在も「八丁味噌」を造り続けています。
「カクキュー」が運営している「八丁味噌の郷」では、八丁味噌の歴史について深く知ることができます。
味噌蔵を改築して造られた資料館では、伝統の味噌づくりの様子が伺えます。事前予約をすることで、工場見学も可能です。
併設された「お食事処休右衛門」では、「味噌カレードリア」や「味噌から揚げ定食」など、ユニークで美味しい八丁味噌メニューが味わえます。
工場の裏手の通りは味噌蔵が立ち並び、昔ながらの風情が味わえる岡崎らしいスポットとなっています。
◇住所:〒444-0923 愛知県岡崎市八帖町字往還通69番地
◇営業時間:【売店営業時間】9:00~17:00
【食事処営業時間】11:00~15:00
◇公式HP:http://www.kakukyu.jp/facilities.asp

岩津天満宮

出典:http://okazaki-kanko.jp/detail?title=%E5%B2%A9%E6%B4%A5%E5%A4%A9%E6%BA%80%E5%AE%AE&uid=135

徳川氏の祖となる松平信光公が創建した神社です。学問の神様・菅原道真公にゆかりのある神社なので、受験生やそのご家族に人気があります。
絵馬に願い事を書く人や帰りにお守りを買って帰る人が多くいらっしゃいます。
また、岩津天満宮は、学業の他にも病除(やまいよけ)、厄除(やくよけ)、縁結び、安産にご利益があります。
各願いに関するご祈祷は年中無休、毎日午前9時から午後5時まで随時執り行っています。
トヨタ自動車の礎を築いた豊田佐吉翁も病除けの祈祷をしたそうです。
愛知県のパワースポットなので、受験生じゃない方も一度参拝に行ってみましょう。
◇住所:〒444-2144 愛知県岡崎市岩津町字東山53
◇公式HP:http://www.iwazutenjin.or.jp/

岡崎でオススメのビジネスホテルを紹介!

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/toukai/okazaki_sun_hotel/

岡崎市は、名物の「八丁味噌」と「徳川家康」、そしてお子さんが楽しめるような施設がたくさんある街です。
街ブラをすれば風情のある建物が発見できるのも楽しいですね。
岡崎市を観光や出張で訪れる人も多いはず。岡崎でおすすめのビジネスホテルを2つ紹介します。

『岡崎サンホテル』

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/toukai/okazaki_sun_hotel/

名鉄「東岡崎駅」より徒歩8分、お車を利用される場合は東名「岡崎」ICより所要時間5分でアクセスすることができます。
名古屋と豊橋の間にあり、どちらにもアクセスしやすいのがいいですね。
全81室の「シングルルーム」は低料金かつ清潔感のあるお部屋で、ビジネスマンの方に好評です。
お二人でビジネス利用されるお客様には「エコノミーツイン」がおすすめです。
観光利用の方には広々「ツインルーム」、贅沢したい方は一部屋限定で「デラックスシングル」が用意されています。
用途に合わせてご利用ください。
全室無線LANでのインターネット利用が可能です。ホテル内には会議室を完備しています。
短い時間でしたら宿泊者は無料で利用することができます。
なんと『岡崎サンホテル』は、宿泊者は無料で朝食が食べられます。ホテル内で調理された料理を中心にバイキング形式で用意されています。
朝からバイキングが食べられるのは気分も上がりますよね。
リーズナブルでお財布に優しい。ビジネスホテルに欲しいサービスは一通り用意されているビジネスホテルです。
名鉄「東岡崎駅」を利用される方は『岡崎サンホテル』をおすすめします。
◇住所:〒444-0038 愛知県岡崎市伝馬通2-22
◇電話番号:0564-65-6000
◇ホテル公式HP: http://www.sun-hotel.jp/
アパホテル公式HP:https://www.apahotel.com/hotel/partners/toukai/okazaki_sun_hotel/

『MyHotel Okazaki(マイホテル岡崎)』

出典:https://www.apahotel.com/hotel/partners/toukai/30_my-hotel/ 

こちらはJR岡崎駅から徒歩1分。まるで我が家でくつろいでいるような空間を提供する、をコンセプトにしている本格ビジネスホテルです。
ゲストルームはモダンでシックな高級感漂う雰囲気。ラグジュアリーでありながら、料金はお手頃なところが魅力です。
羽毛布団を使ったデュベスタイルの寝具が採用されており、とても寝心地が良いです。
広々ベッドと落ち着いた雰囲気で旅の疲れを癒してくれます。「シングルルーム」「ツインルーム」の中からお好きなお部屋をお選びください。
ホテルの最上階には、足が伸ばせる展望風呂と展望サウナを完備しています。岡崎の夜景を見ながら大浴場を利用することができます。
ホテルの全宿泊プランには、無料の和洋中の朝食バイキングが付いています。
岡崎名物の八丁味噌を使用した料理や、こだわり卵の「ランニングエッグ」で食べる卵かけご飯が用意されています。
他にも朝食の定番料理が豊富に用意されているので、自分の好きなものを少しずつ取って、好きなだけ食べてください。
ちなみに一番人気はカレーです。
長期滞在するビジネスマンに嬉しいコインランドリーが完備。1階のビジネスコーナーではPCの貸出やコピー・プリントも対応しています。
その他、携帯充電器・ズボンプレッサー・アイロンの貸出しなど、ビジネス利用の方にとって、充実の内容となっております。
アメニティグッズも充実過ぎる品揃えです。スキンケア製品が自分で選べるのは女性の方にとって嬉しいサービスです。
この設備、この雰囲気で、こんなリーズナブルなホテルはそうないと思います。
老若男女問わず満足できる充実のサービス内容となっているので、岡崎を訪れる際は、ぜひ『MyHotel Okazaki(マイホテル岡崎)』を
ご利用ください。
◇住所:〒444-0837 愛知県岡崎市柱1-5-10
◇電話番号:0564-54-5544
◇アパホテル公式HP:https://www.apahotel.com/hotel/partners/toukai/30_my-hotel/