知っておきたい「アーリーチェックイン」と「レイトチェックアウト」のメリット・デメリット


 

出張でビジネスホテルを利用する際、予定より少し早く着いてしまったり、午前中はホテル内で仕事をしたかったりと様々なシチュエーションがあります。

そこで、今回はシチュエーションに合わせて便利に利用できるビジネスホテルの「アーリーチェックイン」と「レイトチェックアウト」についてご紹介します。

 

アーリーチェックインとレイトチェックアウトとは?

 

「アーリーチェックイン」とは、ビジネスホテルがあらかじめ定めているチェックイン時間よりも前にチェックインすることです。

また、「レイトチェックアウト」とは、ビジネスホテルがあらかじめ定めているチェックアウト時間よりも後にチェックアウトすることです。

 

ビジネスホテルの場合「チェックインは午後3時、チェックアウトは午前11時」などが一般的ですが、

事前に申し込みや連絡をし、必要に応じて追加料金を支払うことで、決められた時間を調整してもらうことができます。

 

アーリーチェックインのメリット・デメリット

 

アーリーチェックインとレイトチェックアウトには、それぞれメリットとデメリットがあります。
まずは、アーリーチェックインのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

  • メリット

・早く現地に着いてしまい、時間を持て余したときに先に部屋に入れるので、時間を有効利用できる

・仮眠や休憩、シャワー、着替えなどをしたいときに助かる

 

  • デメリット

・事前に申請が必要

・すべてのビジネスホテルで可能というわけではない

・部屋の空き状況によっては受付できない場合もある

・別途費用がかかる

 

アーリーチェックインができないビジネスホテルでも、フロントで荷物の預かりだけ先にしてもらえる場合もあるので、

事前に確認しておくことをおすすめします。

  

レイトチェックアウトのメリット・デメリット

 

次に、レイトチェックアウトのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

  • メリット

・前夜に遅くまで仕事が及んだ場合や、午後から移動を開始する予定の場合は、午前中を有効利用できる

・午前中に午後とは別の用事があっても、大きい荷物をホテルに置いておける

 

  • デメリット

・事前に申請が必要

・すべてのビジネスホテルで可能というわけではない

・部屋の予約状況によっては受付できない場合もある

・別途費用がかかる

 

規定時刻にチェックアウトをしても、フロントで荷物だけを預かってもらえる場合もあったりと、

ビジネスホテルによってサービスは異なってきますので、どのような規定があるのか事前に確認しておきましょう。

 

出張中に臨機応変に動きたいビジネスパーソンにとって便利なサービスである、アーリーチェックインやレイトチェックアウト。

それぞれのメリットとデメリットを知った上で、活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

チェックイン時刻等、アパホテルのサービス一覧ページはこちら