HOMEニュースリリース > アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉 西棟増築工事 起工式開催

2013年03月15日

 総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、本日、ホテル単体として日本最高層ホテルとなるアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉において、客室数500室・大浴場・プールサイドレストランを備えた西棟増築工事の起工式を株式会社みずほ銀行 部長 瀬野善郎氏を始め総勢200名を超えるご参列の下、執り行った。
 先に行われた記者発表では、アパグループ代表 元谷外志雄が、「2005年12月に取得したアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉は、昨年8月過去最高となる月間客室稼働率98.9%となり、今後の集客も大いに期待出来るため、今般500室の増室を行うこととした。増室後は1,501室となり幕張地区で圧倒的客室数をほこる。月間稼働率90%を超える集客となったあかつきには、更なる500室規模の増室を行いたい。」と述べた。

 アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉は2005年12月に西武鉄道株式会社から旧幕張プリンスホテルを買収し、2006年7月にプレオープン。4階ワンフロアを大浴場として新設、シングルルームのツイン化、レストラン等のリニューアル等を行い同年11月にグランドオープンし、本年で7周年を迎える。オープン後、コンビニエンスストアのローソン、リゾートスパ アリュメール、ブライダル エルティアグループ、貸会議室TKP等、多くのブランド力のある企業をテナントに誘致し提携。また「湯ったり日帰りプラン」や「ポカリスエットプール」等、様々な企画を実施し、経営改善を行ってきた。
 2012年8月には550万人を超えるアパカード会員に加え、隣接する幕張メッセ、電車で約18分の東京ディズニーリゾート利用者、海外からの観光客を中心に集客し、過去最高の月間客室稼働率となった。今回の増築により、総客室数は1,501室、客室収容人数は3,000名を超え、これまで以上に幕張メッセにて開催されるイベント時の大型団体や海外からの旅行者など、国内外のビジネス、観光需要とも受入体制を強化する。構造・規模は鉄骨造、地上11階、全室ツインルームとなる。

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉西棟の特徴は以下の通りとなる。
①客室数500室(全室ツインルーム)
リゾート感のあるデザインに機能性をくわえ、ビジネスにも最適な空間を提供。ご家族やグループでのご利用にはコネクトルームとして対応可能なお部屋も各フロアに準備。
②宿泊者無料の「大浴殿」
露天風呂も完備し、温泉旅館並の「癒し、くつろぎ」を提供。宿泊者はタワー棟4階「玄要の湯」とあわせて楽しめる宿泊者無料の温浴施設。
③イベントや団体利用も可能な「プールサイドレストラン」
パーティー・小宴会等の多種多様な要望に対応可能なレストラン。既存のブッフェレストラン「ラ・ベランダ」とあわせ積極的にイベントも開催。
④眠りへのこだわり「アパホテルオリジナルベッド」
米国トップブランドのシーリー社と共同開発したアパホテルオリジナルベッド「Cloud fit(クラウド フィット)」を全客室に採用し、「眠りへのこだわり」を追求。
⑤エコと快適性を兼ね備えた「アパホテルオリジナルユニットバス」
やさしい曲線とエコロジーを両立した卵形浴槽、サーモスタット付定量止水栓、節水シャワーによるエコと快適性を兼ね備えた「アパホテルオリジナルユニットバス」を採用。
⑥地球環境に配慮した「新エコ仕様」
省エネルギー化を推進する為、ほぼ全ての照明にLEDを採用する他、コージェネレーションシステムを採用し、排熱の有効利用を実施。また、遮熱カーテンを採用し、断熱効果を高めている。
⑦客室大型テレビの導入
全客室40型テレビを標準装備する。また、全室にVOD設備を設置しており、客室の高機能化を進める。
⑧無料Wi-Fi接続を完備
全室に無料Wi-Fi接続を完備し、カスタマーサービスの向上につなげる。


  設計・施工は東急建設株式会社、デザイン監修は株式会社辻本デザイン事務所が担当し、平成26年4月の開業を予定している。
  2010年4月1日に始動した中期5ヵ年計画「SUMMIT5」(日本の中心・皇居を取り巻く都心3区(千代田区、港区、中央区)でトップを目指す)において、2015年計画終了時に向けて東京都心で80PJ(ホテル50PJ・マンション30PJ)の事業展開を目指しているが、地方都市での既存ホテル取得、フランチャイズ、提携ホテルによるアパパートナーホテルズ展開を含め、今後も全国的なネットワークの拡大に向けて積極的な事業展開を目指す。

アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉 西棟増築工事 概要
【物件概要】
工事名 アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉西棟増築工事
所在地 千葉県千葉市美浜区ひび野2−3
交通 JR京葉線「海浜幕張」駅 徒歩約5分
構造・規模 鉄骨造 地上11階建
敷地面積 45,717.45m2(13,829.53坪)
※全体敷地面積となります。
建築面積 2,014.99m2(609.52坪)
延床面積 11,923.50m2(3,606.86坪)
開業予定 平成26年4月
事業主 アパホーム株式会社
管理・運営 アパホテル株式会社
設計・施工 東急建設株式会社
デザイン監修 株式会社辻本デザイン事務所

【施設概要】
客室構成 全500室(全室ツインルーム)
・ベッド幅 W1200
・各階に2室を1室として利用できるコネクトルームを設置
その他施設 ・プールサイドレストラン(1階)
・露天風呂、サウナ付き大浴殿(1階)
・プール用ロッカールーム
・売店