HOMEニュースリリース > 総合都市開発のアパグループ 新宿区歌舞伎町に500 室規模のホテル開発用地取得

2012年9月28日

 総合都市開発のアパグループ(本社:東京都港区赤坂3-2-3 代表:元谷外志雄)は、新宿区歌舞伎町にホテル開発用地を取得した。 契約名義はアパホーム株式会社となる。

 本案件地は、JR5線(山手線、中央線、総武線、埼京線、湘南新宿ライン)、京王線・都営新宿線・都営大江戸線・小田急線・東京メトロ丸の内線「新宿」駅から徒歩6分、西武新宿線「西武新宿」駅から徒歩2分と、11路線が利用出来る日本最大の繁華街「歌舞伎町」の中心部・歌舞伎町シネシティ広場(旧コマ劇場前)の目の前に位置するビジネス・レジャーに最適な好立地となる。
本案件地の取得により、2010年4月1日に始動した中期5ヵ年計画「SUMMIT5」(日本の中心・皇居を取り巻く東京都心3区(千代田区、港区、中央区)を中心にホテル保有棟数No.1 およびマンション年間供給棟数No.1 を目指す)における、ホテルPJ としては23棟目となる。
本案件地では、15階建・538室のホテル建設を計画しており、2014年12月末の開業を目指す。案件地の概要は下記の通り。

【用地概要】
所 在 地 番 計画敷地面積 権利の種類
新宿区歌舞伎町1丁目 20番2他 939.44m² 所有権

【計画概要】
ホテル名(仮称) 規 模 延床面積 客室数
アパホテル〈新宿歌舞伎町〉 15階建 約8,400m² 538室

  新宿区内においては、アパホテル〈東新宿駅前〉(全122 室・11月15日開業)、アパホテル〈新宿御苑前駅前〉(全411室・2014年3月開業予定)に続く3棟目のアパホテルとなり、総客室数は1,000室を超える。アパグループ中期5ヵ年計画「SUMMIT5」も本年9月末で折り返し地点を迎えるが本案件の取得により37PJ・40物件となった。今後は2015年の終了時に向けて80物件・ホテル50ヵ所の開発を目指していく。

現在、アパグループにおいて設計・建築中のホテルは本案件を含め、以下の12ホテルとなる。
ホテル名(仮称) 所在地 客室数 開業予定
アパホテル〈秋葉原駅前〉 東京都千代田区 137 2012年10月4日
アパホテル〈三田駅前〉 東京都港区 155 2012年11月7日
アパホテル〈東新宿駅前〉 東京都新宿区 122 2012年11月15日
アパホテル〈渋谷道玄坂上〉 東京都渋谷区 173 2012年11月21日
アパホテル〈新富町駅前〉 東京都中央区 135 2013年7月
アパホテル〈銀座 京橋〉 東京都中央区 170 2013年7月
アパホテル〈銀座 宝町〉 東京都中央区 108 2013年9月
アパホテル〈新宿御苑前駅前〉 東京都新宿区 411 2014年3月
アパホテル〈新橋 内幸町〉 東京都港区 153 2014年4月
アパホテル〈東日本橋駅前〉 東京都中央区 218 2014年4月
アパホテル〈平河町〉 東京都千代田区 231 2014年4月
アパホテル〈新宿歌舞伎町〉 東京都新宿区 538 2014年12月