岐阜県内2棟目
アパホテル〈岐阜羽島駅前〉 本日プレオープン 

 アパホテルネットワークとして全国最大の423ホテル 70,068室 (建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開するアパホテル株式会社 (本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 社長 元谷 芙美子)は、本日、岐阜県内2棟目のホテルとして岐阜県羽島市のサンホテル岐阜羽島をアパホテル〈岐阜羽島駅前〉(全144室)としてプレオープンする。

 プレオープンにあたり、全客室に、高級羽毛布団(デュベ)、BBCワールドニュース無料放映、VODアパルームシアター(1泊1,000円で162タイトル以上見放題)、有線LAN無料接続、全客室およびロビーにセキュリティ面に優れたWi-Fi無料接続を導入したほか、1階ロビー・フロント廻りの内装リニューアルを実施した。プレオープン後は、営業を続けながら、全客室に50型大型液晶テレビ、快眠を追求したオリジナルベッド「Cloud fit(クラウドフィット)」、明るさにこだわったLEDシーリング照明、省エネスイッチを順次導入するほか、2室の増室を含む全館リニューアルを実施し、本年8月のグランドオープンを予定している。

 同ホテルは、東海道新幹線「岐阜羽島」駅、名鉄羽島線「新羽島」駅それぞれ徒歩1分、「名古屋」駅まで新幹線で1駅10分とビジネスや観光の拠点としてアクセスに優れており、アパホテルの強みであるネット予約を強化し、集客を図る。

 平成29年8月末日まで、プレオープン特別優待価格として、シングル 通常料金6,500円(税サ込)~のところ4,800円(税サ込)~、ツイン 通常料金11,500円(税サ込)~のところ7,800円(税サ込)~で宿泊できる。

【ホテル概要】

ホテル名 アパホテル〈岐阜羽島駅前〉
住所 岐阜県羽島市福寿町浅平1-72
交通 東海道新幹線「岐阜羽島」駅、名鉄羽島線「新羽島」駅から徒歩1分
構造・規模鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根11階建
竣工年月平成8年7月
客室数144室
標準収容人数262名
朝食ホテル1階 モーニングファーム
和洋バイキング 6:00~9:30 前売 950円(税込) 当日 1,150円(税込)
駐車場52台(有料)

■全室標準仕様
(プレオープンに合わせて導入済)
・ふんわりやわらか高級羽毛布団(デュベ)
・BBCワールドニュース 無料放映
・VODアパルームシアター(1泊1,000円で162タイトル以上見放題)
・通信速度とセキュリティの面で優れたWi-Fi無料接続
・有線LAN無料接続
・温水洗浄便座

(グランドオープンまでに順次導入)
・50型大型液晶テレビ
・快眠を追求したオリジナルベット「Cloud fit(クラウドフィット)」
・まくらとベッドとの相性を科学的に検証し開発したオリジナル「3Dメッシュまくら」
・明るさにこだわったLEDシーリング照明
・省エネスイッチ

■ホテル設備(導入済)
・ロビーにも通信速度とセキュリティの面で優れたWi-Fi無料接続導入
・キーを入れるだけでチェックアウト可能な「フリーチェックアウトポスト」

■ホテル展開
岐阜県内では、アパホテル〈大垣駅前〉(全252室 平成10年4月27日開業)を有しており、今回プレオープンするアパホテル〈岐阜羽島駅前〉(全144室)と合わせて2棟・396室を展開している。

【アパグループ】
 アパホテルネットワークとして全国最大の423ホテル70,068室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開しており、年間宿泊数は約1,252万名(平成28年11月期末実績)に上る。アパカード(同社発行のポイントカード)会員は、1,300万名を突破している。
 アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで65棟・16,458室(建築・設計中を含む)を達成し、首都圏を中心に全国でタワーホテル6棟・6,472室を含む、33棟・12,364室を現在、設計・建設中である。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-Ⅱ(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室を目指す。